特集 2015年1月15日

頭とおしりがあると間に胴体がイメージされる仮説

体の部分が見えてこないだろうか…?
体の部分が見えてこないだろうか…?
街の看板にキャラクターや人の頭や顔だけが描かれていることがある。

あれにおしりをつけたら体の部分が勝手にイメージされるのではないか…?

そういうひらめきが突如襲ってきたので試してみたい。
1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力は養えず悲しむ。インドに行ったことがある。NHKのドラマに出たことがある(エキストラで)。(動画インタビュー)

前の記事:【彼女の反応が変わる】可能性もある雑学セレクション2014

> 個人サイト Twitter

この仮説、どういうことか

はじめに思いついたのは壁に飾ってあるような鹿のはく製。ぼくのイメージを図示すると以下のようになる。
おしりがあることによって、壁の中に胴体が想像される
おしりがあることによって、壁の中に胴体が想像される
つまり、手足よりおしりが重要なのではないかという直感である。

「頭隠して尻隠さず」という言葉があるが、頭の反対は足ではなくて尻。故に頭とおしりがあると必然的にその間の胴体が想像されるはずである。

それは馴染みのあるこの錯視と同じようなことだと思われる。
ないはずの三角形が見える。
ないはずの三角形が見える。
カニッツァの三角形と呼ばれるもので、周辺の図形を補完するように白い三角形が浮かんで見える。

今回の「頭とおしりがあれば胴体がイメージされる仮説」も同様のはずだ。 同様と考える方向で行きたい。一旦その方向で。一旦。

試しにやってみる

ということで本当は鹿のはく製で試したいのだが、身近なところに鹿のはく製なんてそうそうない。じゃあ、こんなのはどうだ。
かわいいうさぎのブックスタンド。
かわいいうさぎのブックスタンド。
反対側におしり。
反対側におしり。
紙粘土で作ったおしりを、うさぎのブックスタンドの反対側につけてみた。
こうなった
こうなった
かなりいい線いってるのではないか。ぼくには頭とおしりの間に胴体が見えてきた気がする。

見えない人はもうちょっとがんばって右脳的な部分を働かせて欲しい。どうだろう。

まだ見えない? もっと働かせて!
カエルの場合も、何か胴体みたいなものが感じられる。
カエルの場合も、何か胴体みたいなものが感じられる。
何度言われても見えない人は、ぼくの本のチョイスが悪かった恐れがあるのでまだあきらめないで欲しい。(ちょうどいい色で揃ってる本がこれしかなかった。)

「記号的おしり」を用意する

さらに仮説を検証するべく、実例を集めていきたい。だが、ここで問題にぶつかる。

全てのモチーフに合わせたおしりを紙粘土で用意するわけにもいかない。

そこで誰が見ても「あ、これはおしりなんだな」と思うような、記号的なおしりを用意することにした。紙粘土で作る。
色付きの粘土を混ぜていく
色付きの粘土を混ぜていく
いくら白を足しても赤が薄まらず袋に分けた結果、心臓っぽくなった。
いくら白を足しても赤が薄まらず袋に分けた結果、心臓っぽくなった。
最終的に濃いめのフォアグラ風に。
最終的に濃いめのフォアグラ風に。
球体をふたつ作り、圧着。
球体をふたつ作り、圧着。
完成「記号的おしり」
完成「記号的おしり」
大小3サイズのおしりができた。これならどんな頭にくっついてもおしりだと認識できるはず。

この「記号的おしり」を、いろいろな「頭」にくっつけていきたい。

はたして胴体は見えてくるのか? 深呼吸して次のページに急げ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓