特集 2014年12月3日

ローマ時代のダムを造ってみた

ローマ時代と(ほぼ)同じ構造のダムを造った
ローマ時代と(ほぼ)同じ構造のダムを造った
個人的な興味で、このところダムの進化の歴史について調べていた。

ダムは紀元前のピラミッドの時代から既に存在していて、ローマ帝国時代の遺跡にも残っているものがあるらしい。その頃のダムは切り出した石を重ねて造っていたという。

切り出した石で本当に水がせき止められるのだろうか。そこで、実際に造ってみることにした。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。
個人サイト:ダムサイト

前の記事:すすめ!万葉線


石をつくる

造ってみると言っても、本物のダムを造れるような土地も水利権も持っていないので当然ミニチュアである。

あと材料になる石も切り出す技術もないので、2000年後の現代の技術を使って代用品で造ってみる。

そこでまず用意したのがこちら。
江戸時代に開発されているので1700年後くらいの技術か
江戸時代に開発されているので1700年後くらいの技術か
ローマ時代のダムの造るには、まずは鍋に水を入れて火にかけたら寒天を入れて溶かす。今回はなるべく固くしたいので通常の2倍の量の寒天を入れた。
どばー
どばー
白っぽく濁ってゆるい糊のようになった
白っぽく濁ってゆるい糊のようになった
続いて色付け。別に色はつけなくてもいいのだけど、見て分かりやすくするために今回はグレープジュースを投入した。
ぷーんと立ち昇るいいにおい
ぷーんと立ち昇るいいにおい
寒天が溶けてから1~2分沸騰させ、全体が混ざったら火を止めて、粗熱が冷めたところで中身を適当な容器に移す。しばらく置いて冷めれば固まっているはずだ。
耐熱性の保存容器に入れた
耐熱性の保存容器に入れた
冷やさなくても常温に冷めるだけで固まった
冷やさなくても常温に冷めるだけで固まった
ギュッと引き締まった固さ
ギュッと引き締まった固さ
さて、ここまでで出来上がったのはつまり固めのグレープゼリーだ。これをどうやってローマ時代のダムにするか。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓