特集 2014年11月3日

キスアンドクライで結果を待つ

 あのスペースで結果を待ちたい
あのスペースで結果を待ちたい
フィギュアスケートの選手が演技後、採点の結果を待つ場所があるだろう。あのスペースは「キスアンドクライ」と呼ばれているらしい。

不安と緊張、さまざまなドラマが起きるあの小部屋。スケートはしないけど、あそこには入ってみたい。そして何かしらの結果を待ってみたい。

そういうわけで、作ってみました。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:身近な「こんな買い方できるのか!」

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

自作自演でキスアンドクライ

フィギュアスケートの演技を終えた選手が、祈るように結果を待つあの小部屋。「キスアンドクライ」というしゃれた名前がつけられているそうだ。
ここのことです
ここのことです
歓喜のキス、あるいは失意の涙。それらの舞台としてのネーミングだろう。まさに悲喜こもごもだ。

テレビで見ていても独特の雰囲気が漂うのがよくわかる。あの感じ、自分も体験してみたい。スケートではなくても、あそこで結果を待ってみたい。
 キスアンドクライin埼玉
キスアンドクライin埼玉
 何のワールドシリーズかは不明
何のワールドシリーズかは不明
壁にそれらしい柄の布を張り、それっぽいイスとテーブルに花を飾れば、簡易キスアンドクライの完成だ。

なんとなく「WORLD SERIES」と書いてはみたが、内容については自分でもわからない。早速へぼい予感がするかもしれないが、この後まあまあのところまでがんばるから、もう少し見守ってほしい。
 少しそれっぽくなってきたか
少しそれっぽくなってきたか
バックが模様だけになるようにして撮ると、あのスペースの雰囲気が少し出てきただろうか。
 別にスケートすることなく座る
別にスケートすることなく座る
ピタッとした服を着て座ってみると、ほんの一歩だけだがあの場所に近づけただろうか。
 水分補給しながら得点表示を気にする
水分補給しながら得点表示を気にする
 余裕があるパターンもあり
余裕があるパターンもあり
体を冷さないようにベストを羽織り、水を飲んだりぬいぐるみを抱いたり。本物のあの場所でこういうシーンを見た覚えがある。
 女子選手をまねてはみたものの
女子選手をまねてはみたものの
かわいらしく手を振る女子選手、というパターンも見たことがある。いずれにしても、スケートをしてないというバックストーリーがにじんでいて、そこにドラマ性がない。

そんな私にも、日常生活の中で自分なりに期待をもって結果を待っているものはある。例えばそれは、夕食のメニューだ。
 「今日の晩ごはん、何かな…」
「今日の晩ごはん、何かな…」
これは結構切実。毎日おなかを空かせて帰宅して、楽しみにしているのは何よりも夕食だ。

今日はこの自作キスアンドクライで、献立の発表を待ってみよう。いよいよ表情にも真剣味が出てきた。
 「肉が出ますように…」
「肉が出ますように…」
テレビでよく見る表示を加えると、だんだん本物らしくなっていく気がする。そして、心の中で祈るのは肉。

妻がときどき「今日は健康的なメニューにしたわ」と告げてくることがあるのだが、それは鬼門の合図だ。誰かが入れ知恵してるのか、やたらと凝った野菜ばっかりの食事が出てくるからだ。
「肉…」
「肉…」
もちろん体にいいのはわかるが、それでも僕は大体毎日肉が食べたい。先ほどの画像をテレビに映すと、祈りの中身が肉であるにも関わらず、いよいよキスアンドクライになってきた。

さあ、発表の時が近づいてきた。気持ちを集中させ、祈りを捧げよう。
 出ました、ハンバーグ!
出ました、ハンバーグ!
夕食献立委員からの発表は……ハンバーグです!

来ました、肉料理。大豆のことを「畑のお肉なんだよね」と言い聞かせられながら食べるのは嫌だったんだ。そんな例え聞けば聞くほど、本物の肉が恋しくなる。
 「納得のいく結果が出たと思います!」
「納得のいく結果が出たと思います!」
今回は紛うことなくハンバーグ。オフィシャルの追加説明でも、豆腐ハンバーグではなく普通のハンバーグであることが確定。安心の結果だ。

やってることは茶番劇だが、日常のドラマ性を盛り上げる効果がキスアンドクライにはあると思う。
 しかし、漂う虚しさも無視できない
しかし、漂う虚しさも無視できない
 何かが足りない
何かが足りない
いろんな感情を想定して喜んだり落ち込んだりしてみた。なんとなく虚しい気持ちになるのは何故だろうか。

もともと虚しいことをしているのはわかってる。それを踏まえた上での寂しさがあるのだ。その原因は、喜びや悲しみを分かち合う誰かがいないからではないか。

コーチ招聘

フィギュアスケートのキスアンドクライは、大抵選手だけで座っているわけではない。多くの場合、これまで苦労を共にしてきたコーチも一緒にいるだろう。
緊急コーチ登場
緊急コーチ登場
喜びや悲しみを分かつべく、臨時でコーチを依頼した相手は母。先ほどまでと比べても写真ではわからないだろうが、実家に移動して再びセッティングしてあるのだ。

ざっと記事の趣旨を説明したところで母に浮かぶのは不思議顔だが、とにかくその気になってポーズを取ってみよう。
まあまあできるじゃん
まあまあできるじゃん
「そんなのできないよ~」と言いつつも、いいからいいからと言って聞かせるとそれなりのことはしてくれる母。そんな2人が見つめているのは、天井の角っこだ。
 全てのエモーションがここにある
全てのエモーションがここにある
いろんなケースを想定して撮るうちにだんだん慣れてきたのか、やってることがおふざけであるにも関わらず、うっかりドラマを感じさせるような趣きが出てきた。この小さなスペースに、人間のありとあらゆる感情が凝縮されているのだ。

演技については十分できた。しかしそれだけでなく、実際に何かの結果を待って知ることで湧いてくる、本物の感情も表現してみたい。
 待ち受ける結果を託す
待ち受ける結果を託す
 「私、これ大好きなのよ~」
「私、これ大好きなのよ~」
用意しておいたのは、スクラッチの宝くじ。コインで削ればその場で当たりハズレがわかるタイプだ。

きりがないのであまり買わないようにしているらしいが、母は昔からこのタイプの宝くじが大好き。目にすると、本気でわくわくし始めた。

購入してきた5枚を、厳かな気持ちで削り始める。どんな結果が待っているのだろうか。
1枚当たった!
1枚当たった!
矢印の向きの順番に削っていくと、どこかで当たりかハズレの表示が出るらしい。そして、3枚目に削ったのが当たったではないか!

山登りをモチーフにしているらしく、4合目まで行った上での当たりを当選額の表と照らしてみると……200円ゲットだ!

200円。1000円買った宝くじで200円当たればいい方ではないか。ただ、そうは言っても200円。さまざまな思いが去来する。今こそ本物の感情と向き合って、その瞬間を切り取ろう。
 フラットな気持ちでたたずむキスアンドクライ
フラットな気持ちでたたずむキスアンドクライ
「今の率直な気持ちを自然体で撮ろう」と撮ったのがこの1枚。表情を言葉で表すとしたら、無表情だ。

最終的にたどり着いた、キスでもクライでもない境地。キスアンドクライというテンション高いネーミングに流されない、これが僕らのありのままだ。

 テスト撮影中
テスト撮影中
今回やってみてわかったことは、キスアンドクライに身を置いても、そのどちらでもない感情が湧くこともある、ということだ。

フィギュアスケートの選手だってそうだ。「あー、今日の演技はよくも悪くもないなー」と、フラットな気持ちになることもあるだろう。

キス&クライ&普通。歓喜も悲嘆も疲れるので、今後も普通をベースにして生きていきたいと思う。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓