特集 2014年5月30日

このテレビが見たい!~スカパー!番組キュレーション 2014.6~

!
スカパー!ばかり見ているライターを4人ピックアップして、今月はどんな番組を見る予定か、見たい番組を書いてもらうだけの素直なコーナー。

今風に言えばキュレーションです。
※放送時間は5月23日現在のものです。

林 雄司
デイリーポータルZ編集長。スカイ・A sports+で流れるローカルCMが好きです。

脳トリック2(ナショナルジオグラフィックチャンネル)

昔この番組でラバーバンドイリュージョンという現象を見た。目の前においたゴム製の腕を自分の腕だと思ってしまう錯覚だ。
その錯覚に陥った人はゴム製の腕がハンマーで叩かれると自分の腕が叩かれたかのように声を上げてしまう。
すごい!
自分でもやってみたい。お台場の科学未来館に体験できるコーナーがあるというのでわざわざ行ってしまった。ゴム製の腕でも本当に自分のものだと思った。
花型番組じゃなくてもこんなちょっとした番組でもおもしろいのはさすがナショジオである。

放送:6/3(火) 08:00~08:30 などたくさん

難波金融伝 ミナミの帝王34 ブランドの重圧(チャンネルNECO)

ミナミの帝王には竹内力主演のシリーズと千原兄弟のシリーズがあるが、やっぱりおすすめは竹内力である。まず見どころは竹内力の力の入った顔の演技。金剛力士像のような表情で相手の話を聞いている。その眉毛のアシンメトリーさはWWEのザ・ロック並みである。
そしてふたつめの見どころは竹内力のスーツ。白や光沢のある紫なんて当たり前。いちどは銀色の消防士みたいなスーツを着て登場したことがあった。ドラマのクライマックスだったのだがドラマのストーリーを一瞬忘れてしまうインパクトだった。おれも欲しい。
ちなみに2000年以降の作品のほうが竹内力に迫力があっておすすめである。

放送:6/10(火) 23:10~01:30

史上最大!第12回アメリカ横断ウルトラクイズ(ファミリー劇場HD)

ドラえもんのセリフを驚くほど覚えているのだが、ウルトラクイズの要素もかなり覚えている。
クイズを勝ち抜いたときの♪パッパラ パッパパ パパッパパという曲(ミシシッピ組曲という楽曲の一部だそうだ)はすぐに歌えるし、早押しクイズで使う帽子はいまでもかぶってみたい。
空港で手荷物検査のゲートで引っかかるのはウルトラクイズのようだ。飛行機の中のペーパーテストの点が悪いとついた島(ハワイかグアム)でタラップから降りられないのだが、その装置にそっくりなのである。
○×クイズで正しいと思う板に突っ込むのもあった。間違えると板の先は泥なのだ。
むかしデイリーで古賀さんがでかい紙を突き破る企画を行っていたが、あの原体験はきっとウルトラクイズだと思う。

放送:6/6(金) 20:00~21:30 などたくさん

風雲!たけし城(TBSチャンネル2)

この番組が好きでデイリーポータルZの新コーナーを「風雲!コネタ城」という名前にしてしまったほどである。たけしとコネタがぜんぜんあってなくてもいい。それぐらい好きなのだ。
いまでもイベントの企画を考えているとき、たけし城のアトラクションのなかで再現できるものはないかを考えたりしている。
だって吊り橋を渡りながらバレーボールをぶつけられたかったし、石に擬態したスチロールが浮いている池を飛んで渡ってみたかった。
ドアを開けるとストロング金剛が待ち構えているアトラクションも最高だ。いま原稿を書くために調べてストロング金剛であることを知った。キラーカーンだと思ってた。
会社の近所にキラーカーンがやっている居酒屋があるのだが、そこでうっかり「たけし城大好きでした!」とか言わないでよかった。きちんとTBSチャンネルで学習したい。

放送:放送:6/1(日) 0:00~1:00 などたくさん
住正徳
執筆、映像制作などコンテンツ制作に携わる。月に1度はシャイニングを見ています。

【デカ劇場】 ゴリラ・警視庁捜査第8班(ファミリー劇場)

土曜の夜にファミリー劇場で放送される【デカ劇場】。太陽にほえろ!、西武警察、刑事貴族など石原軍団の刑事物がぶっ続けで見られる訳だが、中でも特に注目なのは「ゴリラ」だ。
放送されたのは1989年、バブル真っ盛りで世間が浮かれていた時代である。西武警察のような派手なアクションはもちろんのこと、この作品が放送される前に大ヒットしていた「あぶない刑事」の雰囲気がぷんぷん匂う。「あぶない刑事」は舘ひろしと柴田恭平のコンビだったが、「ゴリラ」では舘ひろしと神田正輝が似たようなコンビネーションを見せている。また、仲村トオルが「トオル」役で出ているのも「あぶない刑事」のまま。
途中から倉本聰が脚本を手がけて人情劇へと急なシフトチェンジをしているのも興味深い。

放送: 6/7(土) 20:00~21:00 など

おやこでクッキング(キッズステーション)

家では下の娘にチャンネル権がある。娘が観るのは主にキッズステーションなのだが、仕方がないから僕もぼんやりと観る。娘に付き合う形で見始めた番組の中で、「おやこでクッキング」が癖になっている自分に気づいた。
けいすけ君とゆあちゃんが歌うテーマソングの「スマイルクッキング」は本当にいい歌で、サビの「きみがいっぱいわらうなら100のレシピを考えよう」の部分などは聞いていて泣きそうになる。けいすけ君が「すぐに覚えられるよ」と言っている振り付けだが、これが中々覚えられない。振り付けを覚えてカラオケで歌うのが夢だけど、小学2年生になった娘は最近キッズステーションにチャンネルを合わせてくれない。
これから僕はどうしたらいいのでしょう。

放送: 6/2(月) 11:00~11:24 などたくさん

山村美紗サスペンス 赤い霊柩車(フジテレビTWO ドラマ・アニメ)

地上波でも土曜の午後などによく再放送されている作品だが、スカパー!なら毎日のようにこの人気シリーズを観ることが出来る。最初の放送が1992年だから、20年以上も続いているのが凄いし、いつまでも奇麗な片平なぎさも凄い。4:3のアナログ放送から16:9のハイビジョン画質まで、ずっと奇麗を保っているのだ。
葬儀社で繰り広げられる大村崑と山村紅葉の掛け合いとか、いつになったら片平なぎさと神田正輝は結婚するのかとか、見所は沢山ある。僕が特に好きなのはクライマックスだ。片平なぎさがほぼ事件を解決したところで、ゆっくりと登場する刑事役の若林豪。お前は今まで何をやっていたのだ、と。若林キター、と心の中で叫ぶのが僕の中の恒例行事だ。

放送:6/10(火) 10:30~12:10 などたくさん
べつやくれい
ヤクルトスワローズが勝ったときはプロ野球ニュースを23時と1時の2回見ます。

あなたの知らない世界史(ナショナルジオグラフィックチャンネル)

この番組は2回見たことがあるのだが、なぜか2回とも「極悪非道!切り裂きジャック」の回だった。 2回目のときは「そういえば前にも切り裂きジャックの番組やってたけど…同じかなあ」と思いつつ見て、15分くらい見たところで「同じだ!」と気づいた。それでも検証がおもしろかったりするので2回目でもけっこう楽しかった。
そして今回、やっと「切り裂きジャック」じゃない回が見られるチャンス到来なのである。というか「切り裂きジャック」以外のシリーズがあったのか。
「ロシアの怪人ラスプーチン」とか「リンカーン暗殺の黒幕」とか、どのタイトルも興味をそそられる。うっかりもう一度「極悪非道!切り裂きジャック」を見てしまう危険もあるのだが。

放送:6/2(月) 6:30~7:00 などたくさん

クエスト・ミーンズ・ビジネス(CNNj)

見どころは番組の内容というより、司会のリチャード・クエスト氏のテンションの高さである。
株価が大幅に上がったときもちろん、買収や業務提携みたいな普通の経済トピックスでも上半身を乗り出して語りかけてくる。残念な話題のときだって、尋常じゃないくらいに眉間にシワをよせ口をねじまげて伝えてくれる。また、自身が好きな航空業界関連のニュースでは「背中でもかゆいのかな」と思うほどアクション豊かに話してくれる。
そんな感じで、とても経済ニュースとは思えないテンションでぐいぐい番組を進めるクエスト氏から目が離せなくなるのだ。
ただ、クエスト氏自身が面白すぎてニュースの内容はあんまり入ってこない。

放送:5/31(土) 5:00~6:00 などたくさん

世界の巨大工場 特別版 スーパーカーTop10(ナショナルジオグラフィックチャンネル)

こちらはレギュラーで放送している「世界の巨大工場」シリーズから、スーパーカー工場だけをピックアップして紹介してくれる番組である。
「巨大工場」という番組名ではあるのだが、「機械と同じくらい正確に塗装の厚みやムラを確認できる人」とか「その車のハンドルを作るのが夢だったと語る人」など、巨大工場で働くすごい人のエピソードが入るところもいい(もちろん、その工場の設備のすごさとかの話もある)。作っている機械や人が話の中心だから、車に興味がなくても大丈夫だ(あったらきっともっと楽しいかもしれないけどな)。
ナレーションがなぜか峰不二子の声優さんであるところも、通常の「世界の巨大工場」とは違ったおもむきが味わえるポイント…だろうか。

放送: 6/13(金) 19:25~20:55
スエヒロ
ワラパッパの編集長をしております。ほんとお気軽にお声がけください。

名車再生!TOP5: 視聴者投票 (ディスカバリーチャンネル)

名車再生クラシックカー・ディーラーズのベスト版ですね。この「視聴者投票」の回以外にも「80年代の車」「マイクロカー」「アメ車」など番組に登場した歴代の車がランキング形式で楽しめるのでとてもお得です。

このベスト版での一番の見所は、出演者であるエドとマイクの「ちょっと昔の姿」を観ることが出来る所。今ではまるまるぷっくり体型のマイクも、番組の初期には若干スリムな体型で、顔もややほっそりした凛々しい姿で登場していました。イメージでいうと昔の渡辺徹みたいな感じですね。太陽に吠えてた時の。

また長髪がトレードマークのエドも、髪の毛がさっぱりしているシーズンもあったりして新鮮です(やっぱりデカイですが)。知り合いの高校時代の写真を見せてもらってる感じで楽しめます。

放送:6/13(金) 17:00~18:00

リトル・アインシュタイン(ディズニージュニア)

「リトル・アインシュタイン」というチームを組んだ4人の子どもたちが様々な任務をこなしていくという内容の知育番組。この番組では任務の中で、時折画面の中の子どもたちが、こちら(視聴者)に話しかけてくるのが特徴で、「ロケットを飛ばすには一緒に膝を叩こう!」「両手を高くあげよう!」「息を沢山吹きかけよう!」などインタラクティブ風に視聴者の子どもたちが番組に参加して進行していくのが新鮮。

この演出は他のディズニーテレビ作品でも取り入れられているそうですが、子供番組だけじゃなく、もっと他のジャンルにも取り入れられそうな仕組みですよね。例えば恋愛ドラマで「さあテレビの前のみんな!失恋している主人公を励まそう!」とかアクション物のラストシーンで「さあ悪党をふっとばす前の決め台詞を言ってみよう!」とか。半沢直樹風のドラマで「さあ!みんなで土下座するよ!」とかもいいですね。土下座で地球を救ったりするとカッコイイですよね。

放送:6/1(日) 4:00~4:30 など

水景日和(テレ朝チャンネル2)

魚や水草など水槽づくりのノウハウを紹介してくれるアクアリウム番組。毎回、感心しながら番組を観ているのですが、自分でやってみよう、となかなか決心できません。「自分がやったらこんな風に上手くいかないんだろうな」とか「水とか変えるの面倒そうだな」とかネガティブな面ばかりが心をよぎってしまいます。

昔、プラモモデルの雑誌で見たカラーリングを再現しようとして、無駄になっていった数々の筆やタミヤカラーの霊が、心のセーフガードとして働いているのかもしれません。待たれよ~、って。

でも今の「いつかきっとチャンレンジしたい」くらいの距離感も、それはそれで楽ではありますよね。お金かからないですし。なのでもうしばらくはこの位置をキープしながらアクアリウム機運を高めていきたいと思います。

放送:6/6(金) 6:30~7:25

ジュリーレスコーのファイナルシーズンだ

そうだ、6月は女警部ジュリーレスコーの最終シーズンが始まるのだ。

20年以上放送しているフランスの刑事ドラマである。最初は赤毛のアンのようだったジュリーも立派になったし娘も大人になった。そして初期のシリーズにジュリーの部下にコートジボワール出身のンゲマという刑事がいたのだ。
ンから始まる名前の刑事が衝撃だったんだけど、いまウィキペディアで見たらウンゲマになっていた。綴りはN'Gumaである。
ジュリーレスコーの放送時間は約1時間半であるところも日本のドラマと違うなーと思うところである。チャンネルはAXNミステリー。

最後に重要なお知らせです。次のスカパー!無料の日は6月1日(日)です。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓