特集 2014年4月8日

バブルフットボールが意外と激しい

文字通りの体当たり取材
文字通りの体当たり取材
個人的にマイナースポーツとか変な競技が好きなので、たまに「なんか面白いのやってないかなー」と検索をかけることがある。
今回ひっかかったのが、「巨大な風船をかぶってボヨンボヨンするサッカー」である。なんだよ、もうそれだけで楽しそうじゃないか。
しかもタイミングの良いことに都内開催の会期が近い。ぜひともボヨンボヨンさせてください、と取材をお願いしてみた。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。

前の記事:飛び出す概念図ペーパークラフト

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

東京タワーの足元でボヨンボヨンする

「巨大な風船をかぶってボヨンボヨンするサッカー」の正しい競技名は『バブルフットボール』。
東京タワーの足元にあるラブスポ東京というスポーツ施設が主催となっている。
風船かぶり日和の東京タワー。
風船かぶり日和の東京タワー。
実はこの日が人生初の東京タワーだったのだが、観光的な要素には目もくれず、巨大風船をかぶってサッカーをやりに来た次第である。
ラブスポ東京、東京タワー3Fにあります。
ラブスポ東京、東京タワー3Fにあります。
このラブスポ東京は、東京タワー周りを走っているランナー向けに更衣室やシャワーを提供しているサロンなのだが、それ以外にも東京タワーの展望台で早朝ヨガイベントをやったりと、いろいろと面白いことをしている施設である。

それにしたってバブルフットボールは面白さの振れ幅が大きすぎるだろう、という気がしなくもないが。
まずは受付を済ませます。
まずは受付を済ませます。
受付で必要な書類を書いてから更衣室で着替えを終わらせると、さっそくチーム分けが始まった。

といっても、ラブスポ東京のスタッフさんが参加者の男女比率やら何やらを考慮して事前に振り分けてくれているので、名前を呼ばれたらチームカラーのビブスを受け取るだけだ。
チームのユニフォーム着た人とか結構いた。
チームのユニフォーム着た人とか結構いた。
メンバーの中には友達同士やフットサルチームでの参加もあったが、そういうのはちゃんと同じチームになるように設定してくれている。
っつか、サッカーとかフットサルとかやってる人がガチで参加するような競技だったのか。
どちらかというとふざけ半分で考えていただけに、少し緊張感が高まる。
グリーンチーム、がんばります。
グリーンチーム、がんばります。
僕は、女性多め、あとサッカー経験者の男子が少し、というグリーンチームに入れてもらった。
なんというか、とりあえず和気あいあいな感じで一安心である。

全員のチーム分けが完了した時点で、いよいよ会場へと移動する。
東京タワーの外に出ると、はとバスの近くにハトがいた。
東京タワーの外に出ると、はとバスの近くにハトがいた。
徒歩15秒の東京タワーメディアセンターへ。
徒歩15秒の東京タワーメディアセンターへ。
どこかフットサルコートへでも移動するのかと思っていたのだが、会場は、タワー隣接のメディアセンターだった。
ここはもともとテレビ東京の本社だったところで、収録スタジオなど広いスペースが使えるのだ。
スタジオ広い! あと、なんかでかい風船転がってる!
スタジオ広い! あと、なんかでかい風船転がってる!

とにかく風船が楽しすぎる

うわー、テレビ用の収録スタジオ、広いなーとテンション上がっているところに、今から僕たちがかぶるであろう大きな風船がごろごろと転がっている。
広いのと風船とどっちにテンション上げていいのか分からなくなってちょっと混乱した。
今からこれをかぶってボヨンボヨンするのだ。
今からこれをかぶってボヨンボヨンするのだ。
参加者全員が風船をかぶりたくてソワソワし始めたのを察したのか、ラブスポ東京のスタッフさんによる、風船のかぶり方を指導してくれた。
こうやって、こうかぶります。
こうやって、こうかぶります。
風船は真ん中に穴が空いているので、そこにズボッと体を通して、中の黄色いベルトに腕を通して固定する。
風船の大きさは直径約1.5m、重さは11kgある(意外と重い)。それをベルトを掴んで持ち上げ、かぶるのだ。
このベルトを掴んでズボッと。
このベルトを掴んでズボッと。
そうです、私が風船マンです。
そうです、私が風船マンです。
風船は空気でパンパンに膨れあがっているので穴の中は結構な圧迫感があるのだが、その代わりに「これなら転んでもひっくり返っても絶対に怪我しない」という安心感がある。やばい、これ超たのしい。もう今すぐ転がったり体当たりしたい。
上から見るとこんな感じ。風船に包まれてる安心感が楽しすぎて笑える。
上から見るとこんな感じ。風船に包まれてる安心感が楽しすぎて笑える。
他の参加者も、風船をかぶった瞬間に楽しくなりすぎてみんな笑っている。
人類が全員この風船をかぶったらきっと地上から戦争はなくなるぞ、ぐらいの楽しさだ。
これ、どこに提案したらいいんだろう。国連か?ユネスコ?

ただ、もしも人類全員が風船かぶった星に銀河鉄道999が停まったとしたら、去り際に鉄郎とメーテルが「変な星だったね、メーテル」「そうね…風船をかぶることでしか解り合えなかった愚かな人たちの星…」とか不愉快な会話をしそうな気もする。
風船の中からの視界はこんな感じ。
風船の中からの視界はこんな感じ。
ビニール越しの視界の悪さもまた楽しい。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓