特集 2013年9月2日

秋葉原、近接店舗の三すくみ

この写真の中に同じコンビニが3つ隠れています
この写真の中に同じコンビニが3つ隠れています
2つのセブンイレブンが同じ通り沿いの近い距離にあったり、マクドナルドが道を一本隔てただけの場所にあったり、同じチェーン店なのに、ものすごく狭い範囲に近接していることがある。大きな街ではわりと見られる光景だが、同チェーンの3つの店舗が密集しているとなったら、けっこうレアなんじゃないだろうか?
1980年生まれ埼玉育ち。東京の「やじろべえ」という会社で編集者、ライターをしています。ニューヨーク出身という冗談みたいな経歴の持ち主ですが、英語は全く話せません。

前の記事:事務所を新幹線にして仕事に集中する

> 個人サイト Twitter (@noriyukienami)

近所がデイリーヤマザキだらけだ

最近、東京の東神田という場所に引っ越したのだが、周辺にやたらと「デイリーヤマザキ」があることに気づいた。
デイリーヤマザキの150m先にデイリーヤマザキ
デイリーヤマザキの150m先にデイリーヤマザキ
前方右側にまた別のデイリーヤマザキ
前方右側にまた別のデイリーヤマザキ
振り返ればさらにデイリーヤマザキ
振り返ればさらにデイリーヤマザキ
このように、家の近所は稀に見るデイリーヤマザキタウンだったのだ。下の写真の場所なんて、3つのデイリーヤマザキが大通りを挟んで対峙し合っており、三すくみみたいな状態になっている。
グー、チョキ、パーあるいはヘビ、カエル、ナメクジの関係
グー、チョキ、パーあるいはヘビ、カエル、ナメクジの関係
三すくみとは、得意と苦手をひとつずつ持ち寄る三者が睨みあい、身動きが取れなくなる状況を指す。このデイリーヤマザキにも言えることだ。ただ、大通りを挟んでいる地の利で、右側のヤマザキにやや分があるかもしれない。なんの分なのかはよく分からないけど。
なお、この三者が同時に撮影できるスポットはこの歩道橋の上からだけ
なお、この三者が同時に撮影できるスポットはこの歩道橋の上からだけ
ここから思いっきり引いたアングルで撮ると、さっきみたいな緊張感溢れる山崎の乱が撮れます
ここから思いっきり引いたアングルで撮ると、さっきみたいな緊張感溢れる山崎の乱が撮れます
なお、調べてみたらこの近くに山崎製パンの本社があった。だからこれだけ店舗が密集しているのか。そうとは知らずに引っ越してきたわけだが、これだけデイリーヤマザキの便に恵まれた住環境もそうはあるまい。来年の春のパンまつりが楽しみになってきた。
家の近所は山崎製パンのテリトリーだった
家の近所は山崎製パンのテリトリーだった
ところで、それぞれの店に何か違いはあるのか? 調べてみたらそれぞれ微妙に個性が感じられた。
たとえばクレジットカードが使えることのプッシュ具合。ちょっとデザインしてみたり
たとえばクレジットカードが使えることのプッシュ具合。ちょっとデザインしてみたり
シンプルに整然と文字を並べてみたり
シンプルに整然と文字を並べてみたり
1行目と2行目をちょっとずらしてみたり、三者三様
1行目と2行目をちょっとずらしてみたり、三者三様
あるいは豆大福を強くプッシュする店舗もあれば
あるいは豆大福を強くプッシュする店舗もあれば
ランチパックに力を入れる店もあったり
ランチパックに力を入れる店もあったり
焼き立てパンが豊富な店もあった
焼き立てパンが豊富な店もあった
同じコンビニチェーンでもそれぞれ持ち味が違っておもしろい。これからもそれぞれの武器を磨きつつ、よきライバル関係を続けてほしいものだ。

と、なんだかよく分からない目線で偉そうなことを述べてしまった。しかし、こういう三すくみみたいな状況って、なんかこう想像力をかきたてられないだろうか? 絶妙なバランスで成り立つ三者のライバル関係に勝手に血がたぎってしまう。

秋葉原は三すくみだらけでした

そこで、少し足を伸ばして秋葉原のあたりを捜索してみたら、色んなチェーン店がすくみまくっていた。
たとえばこれ。ちょっとよく分かりませんが、両方セブンイレブンです
たとえばこれ。ちょっとよく分かりませんが、両方セブンイレブンです
まずはセブンイレブン。秋葉原駅前には徒歩2分くらいの圏内に3つの店舗が密集している。
ちなみにこちらの店舗は裏がオフィスビルということで
ちなみにこちらの店舗は裏がオフィスビルということで
文具コーナーが充実していた。やはり立地によって微妙に闘い方が違うよう
文具コーナーが充実していた。やはり立地によって微妙に闘い方が違うよう
そこから徒歩15秒のところと
そこから徒歩15秒のところと
線路を挟んで200mくらい離れた場所にももう一店
線路を挟んで200mくらい離れた場所にももう一店
こっちは入ってすぐ雑誌コーナーという大胆なレイアウトだった
こっちは入ってすぐ雑誌コーナーという大胆なレイアウトだった

より大きな地図で 秋葉原セブンイレブン三すくみ を表示
ちなみに地図だとこういう状態。三者の距離感的に武田信玄・上杉謙信・織田信長の関係に似てると思ったけど、分かってもらえなくてもいいです
また、マクドナルドもすごく近い場所に3店舗が集まっている。
なんで
なんで
こんなに
こんなに
近いの?
近いの?

より大きな地図で 秋葉原マクドナルド三すくみ を表示
バランスのいい三すくみ
さらには富士そばだ。これもすごく近接しているが、こっちはやや形がいびつだ。
まず昭和通り沿いに1軒
まず昭和通り沿いに1軒
同じ通りを30秒ほど歩くともう1軒
同じ通りを30秒ほど歩くともう1軒
さらにJRの線路を挟んで反対側にもう1軒
さらにJRの線路を挟んで反対側にもう1軒
ちなみに富士そばは店舗ごとにオリジナルメニューがあったりして、同じチェーンでも方向性がけっこう異なる。この店はわりとガッツリ系のメニュー推し
ちなみに富士そばは店舗ごとにオリジナルメニューがあったりして、同じチェーンでも方向性がけっこう異なる。この店はわりとガッツリ系のメニュー推し
一方こっちはヘルシー路線でおじさん世代を意識
一方こっちはヘルシー路線でおじさん世代を意識

より大きな地図で 秋葉原富士そば三すくみ を表示
三者の関係性はセブンイレブンに似ている
こうした、睨みあう越後と甲斐に、美濃(秋葉原駅)を挟んで戦機を伺う尾張(うろ覚えの戦国知識で書いています)みたいな店舗展開をするチェーンはけっこう多い。
こうした、睨みあう越後と甲斐に、美濃(秋葉原駅)を挟んで戦機を伺う尾張(うろ覚えの戦国知識で書いています)みたいな店舗展開をするチェーンはけっこう多い。
越後の日高謙信
越後の日高謙信
尾張の日高信長
尾張の日高信長
甲斐の日高信玄。風林火山
甲斐の日高信玄。風林火山

より大きな地図で 秋葉原日高屋三すくみ を表示
間に挟まれた甲斐の日高屋がやや形勢不利か
貸し会議室もあってビジネスユースにぴったりの上杉ルノアール
貸し会議室もあってビジネスユースにぴったりの上杉ルノアール
一方、できたばかりの新しい店内が気持ちいい武田
一方、できたばかりの新しい店内が気持ちいい武田
そんな二者をよそに、安土城(ヨドバシカメラ)を築城したルノアール織田
そんな二者をよそに、安土城(ヨドバシカメラ)を築城したルノアール織田

より大きな地図で 秋葉原ルノアール三すくみ を表示

集中できたのか

一方、三強の一角が落ち、三すくみの均衡が崩れてしまったケースもある。それもつい最近のことだ。

より大きな地図で 秋葉原ゴーゴーカレー三すくみ を表示
ここにはつい最近まで、ご覧の通り「ゴーゴーカレー」のトライアングル(というかほぼ直線ですが)が形成されていた
秋葉原駅前の1号店
秋葉原駅前の1号店
歩行者天国沿いの中央通り店は健在だが
歩行者天国沿いの中央通り店は健在だが
こちらの秋葉原スタジアムが8月31日で閉店していた
こちらの秋葉原スタジアムが8月31日で閉店していた
心なしかゴリラも悲しげだ。

閉店のお知らせには「他2店舗をよろしく」と書いてあった
閉店のお知らせには「他2店舗をよろしく」と書いてあった

つい最近、秋葉原の近くに引っ越してきて、そういえば同じ店多いなーと思っていたものの、改めて探してみるとこんなにも同じチェーン同士ですくみあっていたとは驚きだ。他店舗との闘いに加え、仲間と凌ぎを削らなくてはならないなんて何だか気の毒な気もするけど、秋葉原くらい人が多いとそんなの関係ないのかもしれませんね。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓