編集部日記 2019年11月8日

カルカルでスタッフ募集中(PR!)

カルカルでホールスタッフとイベント運営アシスタント(以下AD)を募集している。

イベント運営アシスタント&テクニカルスタッフ

イベントハウス型レストランのホール・キッチン・バーカウンタースタッフ

デイリーでも紹介して欲しいと頼まれたので店の紹介を書こうと思う。完全なPR記事である。地味ハロウィンやヘボコンを開催しているデイリーのホームグランドである。恩を売っておきたい。(文・林雄司)

カルカルとはイッツコムが運営するイベントハウス型飲食店。ずっとデイリーポータルZと同じ部で運営している。(カルカルとは

021.jpg
カーテンに抱きついているのが横山。右は飲食の長、松田。

カルカルはまともな職場です

カルカルは2016年までお台場にあった。そのころは横山店長が機材や壁にマジックで直接メモを書いてしまう店だったが(店全体がキャンバス!)、渋谷に移ってからはまともな店になった。

お台場時代の写真

002.jpg
お台場時代、バックヤードの店内照明スイッチの写真。

「手品になったらつける!」とあるがあの店でそんなに手品やっていただろうか?

017.jpg
ミキサーにマジックで直接「ネコ」

とあるイベントで猫ひろしさんが出たときに猫さんのマイクがそのチャンネルだった。猫ひろしさんが出たのはその1回である。
 

001.jpg
店長の充電器

どうして全面に書いたのかと聞いたら「どっちの方向から見ても横山のだとわかるように」とのことだった。3方向から見た図面のような空間認識である。

しかしもうこんなことはない。

2019年・渋谷の写真

006.jpg
文字は直接ではなくテープに書くようになった!
004.jpg
PAブースのスイッチも増えて素敵な場所になった

ADはこのスイッチをさわり放題である。

フードも変わった

イベント前にドリンクスタッフが仕込みをしていた。

009.jpg
モヒートスカッシュ用のミントを戻していた

モヒートスカッシュはノンアルコールのカクテルである。「海外ではモクテルって名前で人気が出始めてるんですよ」とのこと。ほほう。

お台場時代の巨大メニューとは隔世の感がある。

003.jpg
ピッチャーにストローが1本刺さっている

カルカルは特徴のあるイベントをやる店だから飲食メニューも特徴を出していこうとして大きくしたという話を聞いた。

カルカルのまかないの謎

これは地味ハロウィンのときに関係者に出されたまかない。

011.jpg
カレー。うまそうに見えて、すごくうまい

地味ハロウィンの日はカルカルのスタッフ以外にもたくさん人がいたので気を使ったのかもしれない。
 

010.jpg
しかし別の日に覗いてみたらトムヤムクンだった。

メニューにないうまいものを自分たち用に作ってないか聞いたが、違うから!特別メニューの試作だから!とのことだった。(カルカルではイベントの内容や演者さんの好きなものによって特別メニューも受けている)

ADの加藤さんに聞いたら「たいていおいしいけど、たまに尖りまくったメニューが出てきて、理解できないことがあります」とのこと。

012.jpg
イベント前、ホールはいい感じに忙しい

「ホールスタッフが一番欲しい」 と店長が真剣な目で話していたので、我こそはと思う人はまかないの人柱となってもらいたい。(かなりうまいです)

少しだけ残るお台場時代の名残

すっかり垢抜けたカルカルにもまだ荒々しい断片が残っている。

013.jpg
PAブースにあった怪談イベント用のCD。怪談より怖い。
007.jpg
ドアストッパー。店長のiPhone充電アダプタ系である。誰も持っていかないで!
014.jpg
お客さんが並ぶ通路が暑いから扇風機を出す店長(会社でもどこでもすぐ扇風機を置く)
015.jpg
拡声器で誘導する店長
016.jpg
パーテーションを運んでたらお客さんに席を聞かれる店長

店長がADみたいな仕事をしている。いっぽうそのころADはなにをしていたか。

005.jpg
PAブースで落ち着いてイベントの進行を確認していた。

50すぎの店長がいつまでもパーテーションやら扇風機を運ぶのは気の毒なので、たくさんのスイッチをいじりたい人はADに応募するといいだろう。


あらためてリンクです

イベント運営アシスタント&テクニカルスタッフ
イベントハウス型レストランのホール・キッチン・バーカウンタースタッフ

この日のイベントでは、前説の人が登場するタイミングなのに店長がステージでマイクを並べていたため、店長が前説と間違えられる奇跡があった。

022.jpg
打ち合わせの場所がないから廊下でいいかと聞いたらNOと言われた店長

自分たちの宣伝
12月3日 三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2019」meets 国語辞典ナイト!
打ち合わせをしようとしていたのはこのイベントです

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓