このサイトについて

島根では法事の時にまんじゅうじゃなくてパンを配布。しかもその袋がレトロでかわいい!

2016/04/17
ネタ元:
法事の時に茶菓子(法事まんじゅう)を配る風習は各地にありますが、パンを配る地域があると話題になっています。ライターのさくらいみかさんが島根の法事パンとその包装の魅力を紹介しています。
写真
さくらいさんの出身は法事パンの風習がある島根県東部の出雲地方で、それなりに馴染みがあるとのこと。定番のあんぱんのほか、クリーム、メロン、ジャムパンなどを用意するパン屋もあるそう。
写真
記事では、いくつかのお店で法事パンを用意してもらい、比較しています。さくらいさん曰く、どのお店のものも味は「昔ながらの」というイメージのおいしいパンとのこと。
写真
法事パンのバリエーションが限定されていると感じたさくらいさんは、レトロなデザインの包装に注目します。法事パンの包装は製造会社に問い合わせても情報が得られず、幅広く調べることになりました。
写真
家紋入りの法事パン包装が印象的な「木村屋製パン」のレトロデザインラインナップ。レトロ文字好きのさくらいさんが惚れてしまうほど秀逸なデザインだと記事では絶賛しています。
写真
境港市「モンマルトル」で見つけたレトロなパッケージのあんぱんですが、これも法事パン。レトロ包装を求めているうちに記事のスタート地点に帰ってきたのでした。レトロな法事パン包装の今後に注目ですね。
ネタ元: