デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ちしきの金曜日
 
「ドボ年会」をやってみた

バスをチャーターした。運転手さんも苦笑い。


バスガイドをかってでたピンクの人。なかなかの采配ぶりではあったが、歳甲斐もなくそのファッションセンスはどうなのか。
(dashelo さんによる写真)

ややいぶかしげながら、運転手さんが挨拶を。だから左のそのピンクはどうなのか。(いしたにまさき さんによる写真)

いや、しょうがないんですよ、いぜんも主張させていただいたように、四日市は工場鑑賞家にとっての聖地だから

で、40名を越える参加者ともなると、誰かの車で一緒に、ってわけにはいかない。しょうがないのでバスを借りた。

「ご指定いただいた停車場所についてちょっとうかがいたいんですけど…。ほんとにこんな場所でいいんですか?」

ってバスの運転手さんに何回も聞かれた。いいんです。ぼくらはただ工場が見たいだけなんです。


借りたバス。
墨痕鮮やか「ドボ年会」。

工業地域が一望できる展望施設も、事前に予約を入れておいたら、「ドボ年会様」と。はずかしい。

しょうがないから展望スペース入場の際も、「ドボ年会」って書いたよ。団体名に。(いしたにまさき さんによる写真)

 

何度見てもためいき

さて、すてきな工場めぐりの様子をご覧いただかなくては。

四日市に来るのは何度目か。ぜんぶ工場見に来てるんだけど。いやでもほんと、何度見てもすばらしい。


まあ確かに「こんなところでいいんですか?」といわれるよな。

でもほら、よく見て!この停車場所で間違いないでしょ?これが見たかったんですよ、って運転手さんに言っといた。(大きな画像は→こちら)

みんな夢中。

近くにある看板。「ジョンレノン」に見えてしょうがない。漁業の方は使っていいんですね、ジョン・レノン。ラブ・アンド・ピース。

堤防の上の青春群像みたいになっているが、見ているのは工場。

師走の河口。風が強くてものすごく寒かったんだけど、みんな動きません。

みんなも夢中だ。来た甲斐があった。新年会もここでやるか!って思った。やればよかった。


このタマネギみたいなやつがかわいい。持って帰りたい。(大きな画像は→こちら)

対岸に渡ってじっくりと。工場を。じっくりと。

近くにあった看板。「アロエ汁」に見えてしょうがない。それは増設してほしくない。

< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.