デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


6月の総集編
 
やんなかった企画と見えないおしゃれ(2010年5月総集編)

工作を通して粘り強さを身につけました

6月は毎週工作記事を書いていた地主さんに、工作の奥深さについて聞きました。いろいろと忘れたいことなんかもあったようです。

ダンボールで中に入れるロッピーを作る、他(地主 恵亮)


--一連の工作記事を振り返って、いい思い出を教えてください。

--僕は美大を出ているんですが、受験生の頃は友人に「なんでおまえが美大に行こうとしているか分からない」って言われていました。

そんな僕でもやれば出来るということを知れたのがいい思い出でしょうか。


失敗したときのリカバリー方法なんかも身につけました。

--力強いです。逆に忘れたい思い出とか、あったりしますか。

--先に話した内容と矛盾しますが、おおよそ全部忘れたいです。

--え?

--特に紙粘土の回(これ)とか。近所のドラッグストアの店員さんに、紙粘土を作りたいのだがどの洗濯糊を買ったらいいのかと聞いたところ、「ウチの小学生の娘はこれで作ってました」と言ってこの洗濯糊を渡してくれたんです。

でも紙粘土は固まりませんでした。


糊はずっと糊のままでした。

--工作記事をやってみて気づいたこととか、身についたことなんかもあったんじゃないですか。

--林さんには常々「粘り」が足りないと言われていたんですが、それでも回を重ねる毎に多少なりとも粘るようになったのではと思います。いいものを身につけました。

それから、意外とうっかり者だということにも気が付きました。第6回目で目玉を作ろうと、紙粘土を大量に丸めたんですが(これ)、丸めた物を「ローソン」と並べたつもりが、あとで写真を見ると「ロソーン」になっていました。その場では気づかずに写真撮っていました。


ロソーン。

--掲載してたら危なかったですね。ところで地主さん、最近海行っていますか(地主さんはいやなことがあると海に行きます)

--月1くらいで行っていますね。

鎌倉の海が特に好きなんです。でももうすぐ浜辺は海水浴場となって、水着を着た男女であふれ出すじゃないですか。

そうなると僕の好きな海ではなくなります。


主に冬の海が好きなんです。

--今後はどうしましょう、工作記事、書けそうですか。

--イベントmakeに出させてもらって本当に楽しかったので工作は今後もぜひやりたいと思っています。工作の得意な石川さんからは「セメント像を作ってはどうか」とか勧められたんですが、よりムリだと思うので。

不器用をカバーできる工作法を考えたいですね。ダイナミックだね!といわれる物を作りたいです。具体的にはまだ白紙ですが。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.