デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


はっけんの水曜日
 
水族館"片隅ツアー"への招待

依然として目線は低めにキープ


大水槽を尻目に、隅っこ道は続く―。

お!魅力的なビジュアル。
か、かわいい。

ここは食べられる魚の水槽。おなじみカンパチが水槽を回っている。君たち、寿司屋でも回ってますよ。

早 ― 僕らの興味はカンパチ以上にこいつです!ハナアナゴが埋まってます。
乙 ― 砂の中にどれだけ埋まってるんでしょう。初めから頭だけだったりして。

広報・高井さんによれば、「消灯すれば出てくるかも」とのこと。展示テーマにあまり関係ないというハナアナゴ、それを察知して自分から肩身狭くしてるのだろうか。


お、またも良き風景ですよこれは。
お互いの気持ちを知りたい、気持ちを。

乙 ― お、寝てる寝てる。
早 ― なんか 現代美術みたいな空間になってますね。
乙 ― インスタレーションというか。なんか真っ白な部屋に敷き詰めてあるのがそれっぽいですね。
早 ― 砂に埋もれて海の底で、いろんなのが通り過ぎるのを見てるという1日、どうなんでしょう。
乙 ― 「俺、隠れてる!」って興奮してるのかも。ってことはないですね。

乙 ― 人間がペットや小さい虫と日々接しているレベルと違って、こういう海の生き物同士の接触レベルでは、異種間でお互いをどう思ってるんでしょう。
早 ― 捕食関係以外なら、無関心でしょ。無関係な感じ。
乙 ― そばに来ても緊張感がない。まったくの他人だ。


どこにヒラメが隠れているでしょう(ロールオーバーでわかります)。

早 ― セミエビが、ぎっしりだ。
乙 ― こいつらが地上の生き物だったら、ヤですね。
早 ― 木に止まってたり。タンス開けると中に隠れてたり。
乙 ― 教科書開けるとぺったんこになって挟まってたり。
早 ― 体育着の中に・・・(以下繰り返し)
乙 ― 心底よかったです、住むとこが別で。


岩の割れ目に すきまパテ、じゃなくてセミエビ。

たまに大水槽を見やると、華やかなことこの上なき有り様。

大水槽のその片隅に、アレをまた目で追ってしまう私ら。


だいたい1ページ目と同様のふるまいである。
お、全身あらわなのも。

乙 ― またトラウツボがあんなところに!
早 ― 何事かを訴えてますな。
乙 ― いいなあ、ウツボ。
早 ― ウツボに夢中になりすぎですね。
乙 ― いろんなシャッターチャンスを逃してる気がします、ウツボに気をとられて。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.