デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


フェティッシュの火曜日
 
オジギソウに似た草にガッカリしたくない

 

以下の行程はダイジェストで

このあともニセオジギの旅はつづくのだが、旅程を書くと長くなりそうだ。ここから先は急にダイジェストにして、見つかった植物だけざっとご紹介しよう。(マンガが連載打ち切りになるとこんなふうになりますね)

ここに紹介するのは全部オジギソウではないので、さわってもさわり損だぞ。


メタセコイアより一回り葉っぱが小さい木
花が咲いてました

場所に夢の島を選んだのは、近くに植物園があるからでした。ここからは植物園にて、まずはジャカランダ

葉の生え方とか構造は近いんだけど、がんばりすぎちゃった例。名前は不明


ビルマネム、だったかな
オウゴチョウ。ビルマネムとどう違うのかよ

タマリンド。実(み)はインド料理やタイ料理に使われる
名前忘れました。ナウシカにこういう虫出てきた

あとの2つは園芸店にて。これはミモザ。分類的にもオジギソウにかなり近い仲間
意外なところで山椒なんかもちょっとそれっぽい

こちらはうちの近くで見つけたもの
編集部の工藤さんも見つけてくれた。夜なので葉が閉じてる。ネムノキ系か

こうして見ると、ぱっと見て「オジギソウっぽいなー」と思う植物は、世の中にかなりたくさんある。シダを除けば、マメ科のネムノキ、アカシアの仲間が多いようだ。しかし数が多すぎて、はっきりいって、こうやって挙げてもきりがない。

ニセオジギをたくさん見つけて覚えれば、「これはたしか違う」と消去法でオジギソウを見分けらるだろう、そんなふうに思っていた。だがこうもたくさんの種類があると、覚えるにも限界がありそうだ。

ここは素直に本物のオジギソウを手に入れて、その特徴を見極めよう。その方が早く見分けられるようになるだろう。

 

これが本物のオジギソウ

図らずもモノマネ番組みたいな展開だが、偽物のあとは本人登場である。

このオジギソウ、その辺のホームセンターなどに売っているものと踏んでいたが、探しても全然見つからなかった。あちこちのお店に電話をかけまくってやっと発見、電車で往復2時間かけて買いに行った。2時間かけて行って、117円で買った。


これが本物の葉っぱだ

昼間は元気だが
夜になると全部の葉が閉じて、しおれてくる

触るとオジギするようすを動画でごらんください

 

 

オジギソウの特徴、見切った

じっくり観察したり他の植物と比べたりしているうちに、いくつかオジギソウを見分けるポイントがわかってきた。


1.オジギソウは、根本から先まで葉っぱの長さが同じ

2.オジギソウは、葉っぱが1列にだいたい5〜8枚くらい

3.オジギソウは葉っぱの先が丸い

4.オジギソウは茎がY字に分かれて、葉がつく

この中でも、決定的なのは4番だ。他の植物は1本の茎からたくさん枝分かれがあって、それぞれに葉がついている。でもオジギソウは1本の茎から枝分かれが1回だけ。葉のついている茎は、いつもY字の形だ。

今回探した中で、4の条件を満たしている植物は他にはなかった。(だから本当は1〜3要らないんだけど、4つくらいあった方がかっこいいかと思って…)

ついにオジギソウを見切った!

 

 

 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.