デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


はっけんの水曜日
 
“深海魚のぼり”を空に泳がす


次は縫製業ごっこ

部屋いっぱいに、絵の描き終わった布を並べてみた。
おお、本当に業者みたいだ。需要は、ほぼない。


これを早く完成させないと、寝る場所なし。

さあ、どんどこどんどこ縫い合わせていこう。何も考えているヒマはない。自らマシンのように、無心にミシンを動かしていくのさ、HeyYo!


「なっげー」という感想しかない。

事前に近所のデパートで鯉のぼりを観察して、だいたいの構造を頭に入れて帰ってきた。
・胴体のところはフクロ状、だが背びれや胸びれは1枚合わせで膨らみはなくていい
・口の開きは、ワイヤーのようなもので丸みを持たせると吉

いや吉とか凶とかじゃないんだがだいたいそんな感じ。まあいいやどんどん行こう。しまいには紐で結んでつなげばいいのだろうさ。


背びれを別ルートで縫っていく。
口はジーンズの裾を縫うミシンシフトで。

アルミの針金を通してみた。なるべく軽く。
ああ、こんな感じこんな感じだ鯉のぼりは。

リュウグウノツカイが鯉のように「カパッ」と口を開けるのかどうかはいまいちわからないが、とにかく縫うところは全て縫った。やったった。

あとは紐を買って取り付けて、どっか屋上にでも行って設置してみるか。今のところ、結果がどう出るかは自分にもわからない。その答えは風の吹くままに。

 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.