デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


土曜ワイド工場
 
F1になりたい

IMG_6989.jpg

まずは一人で左半分を担当

IMG_6982.jpg

2人、完成

 

↓ 画像をクリックすると動画がみれます。 ↓
2人のF1レース中の動画

 

驚くべきリアリティ

突然本物のF1の動画が出てきて驚かれたことと思うが、じつは上の動画、本物ではない。ざんはわの2人による形態模写&声帯模写なのだ。このリアリティを感じてもらえただろうか。
しかもこのF1には続きがある。人が乗り込むことも可能なのだ。ドライバーは佐野が担当した。


IMG_6985.jpg

ドライバーが乗り込み

IMG_6994.jpg

完成!

 

ひとつの完成形

もちろん上の写真もF1ではない。3人による形態模写なのだ。わからない人は、よく見て欲しい。ここはサーキットではなく公園だし、ドライバーも眼鏡をかけている。しかしこれはどこからどう見てもF1だ。ノーズにフロントウィング、リアウィングに車体のボリューム、流線型、そしてドライバーの頭。すべて不足なく表現された、完全なF1。近くで鳴いているカラスの声すらもTスクエアに聞こえる。

さて、これが人間のF1化のひとつの究極の形であることは間違いない。写実的な形態模写としては完成形といえるだろう。しかし問題はこのF1に必要な人間が3人であるということだ。

本当に心からF1になった喜びをかみしめるためには、やはりひとりでF1になる必要がある。とにかく今ので自信はついた。次はF1と1対1で向き合うのだ。


 
IMG_7006.jpg

いったいどうしたら…

↓ 画像をクリックすると動画がみれます。 ↓
2人の試行錯誤から石川が何かを見つけていく動画

IMG_7020.jpg

わかった!

石川が最初に注目したのはF1の「スピード」であった。最初は音でスピード感を出しつつのそのそ這うようなスタイルだったが、指だけでF1を表現したことがきっかけとなり次第に動きにスピード感を増していく。
それと同時に、見た目はどんどん単純化されていった。無駄をそぎ落とし、F1独特のフォルムを最小限の要素で構成する。F1の「F1らしさ」を浮き彫りにしていった。

 
IMG_6969.jpg

フロントに重心がきているのでアンバランスだ

↓ 画像をクリックすると動画がみれます。 ↓
抽象的表現を試行錯誤し、F1の概念を拡張していく動画

IMG_6971.jpg

核心めいたものを感じる

一方で、F1の抽象化をより推し進めたのが大北のスタイル。F1のもつ運動性、回転、尖りなど、一つ一つの要素を自分の身体性に直結させ、四肢を大胆に使って表現していく。そこにあるのはF1の「美」であった。
と、突然動きを止め、静かに横たわる。動のF1から静のF1へ。どこまでも真摯な姿勢で、F1から美を汲み取っていく。

視点だ

さまざまなアイデアを試すにつれ、わかってきたことがある。写実は一人では無理だ。F1の形状やボリュームを完全に表すのは人体の構造上どうしても無理が出てしまう。
しかし、見た目の完璧さに囚われないで、自分なりの視点にF1のエッセンスを落とし込むことで、人間はF1になれるのではないか。そう、重要なのは視点だ。

石川は「デフォルメ」に着眼した。これまでのように全身を使ってF1を表現するのではなく、自分の頭をドライバーに見立て、その前後に腕を使って車体を作ることで、デフォルメ化されたF1を作り出すのだ。

一方、大北は「造形美」を追い求めた。様々な形や動きを試行錯誤しては破棄していった。そしてたどり着いたのが左右非対称。F1左右対称の形にとらわれず、片足を開放することで表現の自由度を上げたのだ。

そして完成したF1が、これだ。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.