デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ひらめきの月曜日
 
おつまみの家


つまみ、あれこれ

お菓子の家といえば、クッキーの壁に、ウェハースの屋根。粉砂糖が雪のように振りかけられ、床はふかふかのスポンジ、だろうか。

…ああ、胸やけがする。

子どもの頃は憧れの対象だったお菓子の家だが、スタバの前を通り過ぎるだけで、その甘い匂いに辟易する私にとって、お菓子の家は拷問に近い物件だ。

でも、それがつまみの家となればどうだろう。ああ、考えただけでいくらでもウットリできる。夢だ。まさに夢の物件だ。

ってなわけで、作りました。

高瀬 克子



まずは土台から

お菓子には、あらかじめ四角く整形されたクッキーやウェハースといった土建素材が充実しているが、残念ながらつまみ界にそんな便利な物はない。

そこで、今回はまず建物の基本となるべき柱から立てていこうと思う。


ミニちくわ。これ、おいしいんです
四隅に立派な柱を設置

このミニちくわを縦に重ねて柱にしようと思っていたのだが、これがうまく重なってくれない。


乗りません

大事な土台がグラついていては、立派な家など望むべくもない。ここでしっかりした基礎を作っておかなくては、欠陥住宅になるのは目に見えている。

そこで、助っ人に登場願った。


そこで、困ったときの割り箸頼み
しかし、立たない

補強素材をちくわの穴に通すことで、なんとか柱は完成したが、これが自力では立ってくれない。太くて立派な柱を手に入れても、立ってくれないのでは話にならん。

やはり柱を突き刺す土の代わりが必要なのかもしれない…と御飯を敷き詰めてみたものの、柱が予想以上に重く、すぐに倒れてしまう。


ごはんを敷いてみてもダメ

まさか柱を立てるだけで、ここまで苦労するとは思っていなかった。その点、お菓子はいいなぁ。チョコレートやらクリームやら接着剤になるような物がたくさんあって。つまみはダメだよ…。

弱気になりながら冷蔵庫をのぞいたとき、大根と目が合った。そしてピン!と閃いた。


大根を置いた上に、
柱を突き刺せばいいのでは

予感的中である。やった! ちくわが立った!

大根にしっかり割り箸を突き刺すことで、ちくわ柱はグラつくことなく自立してくれた。これでなんとか家づくりを先に進ませることができる。良かった。

 

棟上げ

気が早いようだが、ここに屋根を乗せて「棟上げ」を祝おうではないか。屋根部分に関しては今回、いい素材を用意しております。自信あります。


つまみ界の優良建材。

たたみいわしは軽くて硬くてしっかりしている。これ以上、屋根に適したつまみがあるだろうか。

ところどころに空いた隙間部分は、囲炉裏から出る煙を外に放出してくれる役目を持っており、通気性も抜群。茅葺きか、たたみいわしか、という好素材である。


割り箸に勝手に引っ掛かってくれるのも嬉しい

2枚のたたみいわしを乗せただけで、立派な屋根が完成してしまった。柱にかけた時間を思うと、あまりのあっけなさに拍子抜けすらしてしまうほどだ。


もう、半分出来たも同然

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.