デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


土曜ワイド工場
 
猿などに餌をやる

熱帯植物で気持ちを落ち着かせる

基本はのんびり

リスザルはかなりアグレッシブだったが、それ以外のほとんどのやつらは、のんびりポヤーンとしてる。

最後はそんなのどかなバイオパークの様子で締めくくりたいと思う。


ラマ

ぽやーん派の代表格、ラマ

のんびりしてる奴と言えば、なんと言ってもラマ(ひとこぶラクダ)だ。彼のぽやーんぶりはすごい。麻雀で3倍満振り込んでもまったく動じないという顔つきをしている。

ラマはよほど大人しくコントロールしやすい動物のようだ。園内のあちこちに、まるでオブジェのように佇み、ほんわかムードを撒き散らしている。


あちこちにヒョッコリいる

山の上にも

という感じで園内のあちこちにいる…
いや、それどころか、以前は園外にもいた。

国道からバイオパークへと曲がる交差点のところに、さりげなく立っていたのだ。


以前ラマが立っていた地点

車で信号待ちをしていると、フッと視野に入ってくるラクダ。大変インパクトがある光景だったが、残念ながら今はもう見られない。


質問とかすると神秘的な答えを返してくれそう

ラマは普段は、山の頂きでじっと遠くを見つめている。
我々はどこから来て、そしてどこに行くのか?とか考えてるんだろうか。それとも、どこかにうまそうなもの落ちてないかなぁとか考えてるんだろうか?

ちなみに、ラマは草を食べる。
ラマだけは、我を忘れてガツガツエサを食べるような姿をまだ見たことがない。




 というわけで、一日中いろんな動物にエサを与えていたのだが、やはり印象に残るのはリスザルのアグレッシブさだ。

あんなに人に慣れるのならペットとして飼ってみたいな、とも思う。が、樹上で生活する動物はトイレで用を足すということをまったく覚えてくれないらしい。

知り合いでリスザルを飼っていた方がいたので話を聞いたことがあるが、家が臭くなるのが大変だったと言っていた。
まぁ、うちにも猿っぽい存在(=娘)が一匹いるけど。。

また来てね

●長崎バイオパーク

長崎県西海市西彼町中山郷2291-1
TEL:0959-27-1090

ホームページ



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.