デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ひらめきの月曜日
 
ふやけ麺を堪能する

さあ、食べてみよう

どれもみなスープをよく吸って、麺が膨らんでいる。「しめしめ」とは思うものの、今回は「ふやけ」を何個も食べなくてはならない。いささか気持ちが気圧され気味だが、ふやけ具合をチェックしていくことにしよう。


スープパスタ。傾けても麺が微動だにしない
マカロニが伸びきって、この有り様

お、これはウマイ。もはやスープパスタとは呼べないほどスープがないが、逆にスープが凝縮された気がして、うん、これはいい。

伸び切ったマカロニに水分の減ったトマトソースが絶妙に絡み合い、噛み心地さえ無視すれば、本当においしい。スープパスタに関しては、ふやけても、いや、ふやけた方がうまいと断言しよう。


カップヌードル。表面が乾ききってます
よく混ぜてから食べよう

続いてカップヌードル。もはや飲めるだけのスープはない。心なしか、いつもより味が濃く感じられる。そして麺が切れる。

…すごくお腹が減っている時は、おいしく感じられると思います。

 

白くてキレイですね
まるまると肥えた麺

どんどんコメントが減っていく

次は「塩ラーメン」をひと啜り。麺は、汚れを知らぬかのように白く美しいままである。…いや、これはいいですよ。もともと味がクドくないのが幸いしてか、何時間経ってもおいしく食べられる。

冷やしカップラーメンとして、こういう食べ方を提唱してもいいくらいにラーメンとしてきちんとしている。当然、麺はグズグズだが、ふやけ麺好きには、これがたまらない。

続いて「赤いうどん」をひとくち。

…まぁ、要は冷たいうどんだ。冷めてもカツオだしの匂いがプーンとする。しすぎるほどする。もともと平べったい形の麺は、限界までスープを吸って巨大化している。

だんだん「麺のコシ」という言葉が、懐かしく感じられてきた。

麺に色が付きました

お次は「とんこつラーメン」だ。3分経った時点では、麺が硬くて本当においしかったものだが、どうなっているだろうか。

…ああ、これはあれだ、茹ですぎたそうめんだ。スープはまだ力強く「とんこつ」を主張している。

「自分はいま、とんこつラーメンを食べている」とさえ思わなければ、十分にイケるだろう。ときどき紅生姜がピリッとして、あ、これってとんこつラーメンだった、と気付かされるのだが。

 

あきらめない

「ふやけ」が好き、と言っておきながら、だんだんテンションが低くなってきていることに我ながら危機感を抱いている。

単に「わぁ、間違えて麺をふやけさせちゃった。でも思ったよりおいしいな」というレベルの「ふやけ好き」だったのだろうか。

…そんなハズはない、という思いと共に、ふやけ麺をさらにおいしく食べるための工夫をすることにした。こうなったら、悪あがきと受け取られても構わない。どうぞ続きをご覧ください。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.