デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


チャレンジの日曜日
 
究極のお茶をプロデュース!


そしてついに
究極のお茶のタイトルが
決定いたしました!!

「しかたないわねぇ

じゃぁ…   

…これ?」  

はいどうも。

モモが差し出した手によると
どうやら一番上の
「茶色」を指しているように
思えます。

ではというわけで
究極のお茶のタイトルは
「茶色」に
決定ということにしましょう。

おめでとうございました。


お茶プロデュース(2)

●パッケージをプロデュース!

究極のお茶プロデュース、
まずはそのタイトルが
満場一致で
無事決まったところで、

続いては
その「パッケージ」を考えてみることにしましょう。

コンビニなどの店頭で
お客様に手に取っていただくために
最近のお茶は
各社趣向を凝らした素敵なパッケージとなっております。

では究極のお茶パッケージを作り出すために、
他のお茶たちを参考にして
パッケージのデザインを
考えてみることにしましょう。

 

まずはタイトルである
「茶色」から。

まぁとりあえず
タイトルは
「茶色」だし
茶色で
描いておきましょう。

はい。

タイトル完成です。

 

ではこれからは本格的に、
各人気お茶たちのパッケージから
そのデザインのいいところを参考にして、
この究極のお茶「茶色」のパッケージを
プロデュースしていくことしましょう。

(1)「茶来」をリスペクト!

 まぁリスペクトという名の
 パクリですが、

まずはこちらの
先日発売されて
早くも売れまくっているこのお茶
「茶来」から

いやぁ
立派なパッケージですね。

 

で、
この「茶来」のパッケージ
よく見てみますと

京都 母尾山 高山寺などなど
なんか地名が羅列されているようです。

 

なるほど、
究極のお茶のためには
地名を羅列するといいのですね。

 

ではさっそく
この「茶色」にも
地名を入れてみようじゃありませんか。

よし、

うちの近隣の多摩地域を網羅してみました

これでバッチリですね。

 

そしてさらに
この「茶来」のパッケージを
よく見てみますと

この「茶来」のタイトルの上には
なんか
ウサギさんがいますねぇ。
鳥獣戯画チックな。

 

なるほど
究極のパッケージのためには
動物を鳥獣戯画チックに描けばいいのですね。

よし、ではさっそく
描いてみましょう

はい、できた

では僕の場合は
僕の愛犬でもある
ラブラドール
鳥獣戯画チックに描いてみました。

 

それがこちらです

 

…。

 

ではこれを
「茶色」んもデザインに
組み入れてみましょう。

お、
またしても
究極に一歩近づきましたね。

ではこんな調子で
まだまだいってみましょう!!

(2)「極鳥」をリスペクト!

続きまして
キムタクのCMでもおなじみの
「極鳥」ですが、

それによると
どうやら

広東省が
なんかお茶的にすごいらしいです。

 

先ほど一応多摩の地名を列挙はしましたが、
もしかしたらそれらって
お茶的にはかなりゆかりゼロな場所
だったような気はします。

じゃぁとりあえず
お茶的キラースポット
広東省を、
下にちょろっと
描いておくことにしましょう。

はい

これでよし
っと。

 

(3)「鳥龍茶」をリスペクト!

サントリーの「烏龍茶」で
おなじみなのが
こちらのキャップについて
行われている

ipod mini 10000台プレゼント!
です

欲しいですよね。

 

究極のためには
このような
外的付加価値による購買インセンティブ戦略も必須です。

ってことは
とりあえず
これに見習って
こちらにも描いておくことにしましょう。

 

はい
できた、

ん?

 

デカすぎ?

 

まぁまぁ しかし
「アイポッドミニ100000台」
と言い切ってはおりますが
で、100000台がどうした
っていう話はありますが
この際その辺には触れないでおきましょう。

 

ではまだまだ
各茶をリスペクトしながら
パッケージデザインを進めていきましょう!



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.