デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


チャレンジの日曜日
 
布団で睡眠エブリウェア

●布団でビーチタイム

 次にやってきたのは外房の浜。ちょっとした入り江のようになっているところで、浜になっている距離こそごく短いが、そのためなのか波も穏やか。寝るのにはちょうどいい。


050403_007.jpg (27961 バイト) 050403_008.jpg (33383 バイト)
心洗われるような景色 キャンプってほどでもないよな

 もっと気候があたたかくなればここにもビーチで寝転ぶ観光客が来るのかもしれないが、さすがにまだそうした人は見当たらない。仮にそういう季節になっても、布団持ってくる人はたぶんいない。

 キャンプ禁止の看板が少々気になるが、布団に寝るというのはキャンプというのもまた違うと思う。


050403_011_2.jpg (103372 バイト)
いろんな意味で最高

050403_012.jpg (32656 バイト) 050403_015.jpg (32403 バイト)
もう出たくない 住んでしまいたい

 この実践のはじめの頃に感じた違和感はもうない。布団ってすばらしい、その中にいる自分を楽しむことができる。やってしまえばなんてことはない。

 

●エクストリームな睡眠へのどうでもいいパッション

 続いて訪れたのはちょっとした崖の下。自然との一体化はいいが、だんだんむきになってきている自分がいる。


050403_018.jpg (40050 バイト) 050403_019.jpg (41790 バイト)
日当たりのいいところを選んで 吹きすさぶ風にもめげず

050403_020.jpg (64936 バイト)
何もそんなところで寝なくても

 風が強いこともあって、あんまり安らかじゃない。ただ、布団にもぐってしまえばそんなシチュエーションも全て無効化できる。石が転がる地面のゴツゴツも布団のクッションがやわらげてくれる。

 やっぱり布団ってすごい。かなりの極限状態でも中にもぐって目をつぶれば、そこはいつものあたたかい国だ。

 

●布団ファイナルバトル

 崖の下でもその包容力を発揮した布団。そのポテンシャルには驚かされるばかりだが、ならばその限界を知りたくなるというのもまた人の心。


050403_016.jpg (37524 バイト) 050403_017.jpg (33145 バイト)
なんでこんなところにいるんだ 水平線が丸く見える

 やってきたのはさっきとは別の崖の上。海の青さとはこんなに深い色だったか。あと、下を見ると結構高いぞ。


050403_021.jpg (29537 バイト)
ちょっと腰も引けますが

 とにかくしきます。何が自分をそうさせるのかはわからない。


050403_023.jpg (142165 バイト)
あとから写真を見て思ったよりやばいと思った

 安らげない。ちっとも安らげない。

 自然の中にいるのに、さすがにここでは布団の包容パワーよりもびびる気持ちの方が先に立つ。そういう危機を感じる力がないと、人間としてもまずいと思う。

 この状況では自然に抱かれているとは言えない。変に寝入ってしまって、寝返りでも打とうものなら非常にまずいことになる。



●ほんといいですよ、布団

050403_040.jpg (41548 バイト)
やっぱりこのくらいが落ち着く

 実際、布団の「その場を別の世界に変える力」というのは予想以上にすごかった。心の中にある常識を捨ててその中で目をつぶれば、いつもの布団ワールドだ。

 持ち運ぶのが大変ということを度外視すれば、布団がいつもそこにあるというのはすばらしいことだと思う。でも、布団の大きさは度外視できないので現実には難しいことだとも思う。

 ひきこもっているのかアウトドアなのかよくわからないまま、どこでも布団プロジェクトのレポートとしたい。



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.