デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


チャレンジの日曜日
 
うちの犬は負け犬か

というわけでうちの犬、
ご覧の通りの真っ黒ラブラドールでありますが、

今もいつものように
ありえないリラックスっぷりで
床でくつろいでおります。


「いやぁ、やっぱりそれなりに年だったのですね」

「何よあんた、失礼しちゃうわね!あらためて言わないでよ!」

「行動はすごく幼稚なのにそんな高齢だったなんて、ちょっとヒキますよね」

「ぎゃ!それは言わないでよ!」

「てことは『クイズ年の差なんて』で言ったら、アダルトチームですね」

「なんなのよそのたとえ!古すぎるわよ!」


と、逆鱗に触れたところで
今度はまた負け犬のこの年齢について
よりメスを入れて行こうと思います。



 (2)負け犬と年齢 

『負け犬の遠吠え』によると、
「負け犬」っていうのは
いくら外見をオシャレに着飾って若作りしても
年齢相応の顔のシワなどまでもは
隠し通すことはできないようです。

ではうちの犬は
その点についてはどうなのでしょうか。

でもうちの犬
全身真っ黒でテラテラのため


肌年齢などさっぱりで
そこで何が起きてようと
その黒さで
一見何が起きてるのかよくわかりません。


しかし
僕の目はごまかせません。


口の周りが白いです。
老化で
黒い毛の白髪化が進んでおります。
やはり寄る年波は隠せません。

よって
この点につきましても
負け決定
と言えるでしょう。


勝ち 負け



「黒いのに口の周りだけは白いんですね」

「しょうがないじゃないの、白髪なんだから!」

「まるでアパルトヘイト時代の南アフリカの人種分布図のようですね」

「ぎゃ!なによあんた!うまいこと言ってんじゃないわよ!」

「いやぁあの頃はひどかったんですよ。白人が黒人に無理やり奴隷の仕事をさせて…」

「ていうかそのたとえ自体、問題があるからやめなさい!なんなのよあんた!」


と、しっかり逆鱗に触れたところで
では続いては負け犬のこの仕事に
ついて検証していきたいと思います。

 

 (3)負け犬と仕事 

「負け犬」っていうのは
家庭に入って子育てをしない代わりに
仕事はバリバリにこなして働きまくっているようです。

で、ちなみに
うちの犬の仕事は

モノ運びです。


取って来い!
と命令すると、
我々のために
・スリッパ
・タオル
・新聞紙
などを
取ってきてくれたりします。

しかしどれも
人間サイドがそんなに必要としていないときに
これらのものをいろいろ取ってきてくれるようですが、
とりあえず取ってきてはくれるようです。


ではうちの犬は実際にどれだけ仕事をするのか
その仕事っぷりを確認するために
普段の仕事を実践してもらうことにしましょう。

ではさっそく
うちの犬に仕事を命じてみたいと思います。


「よし、モモ、スリッパ取って来い!!」


 …


 …


  ……


 ………


勝ち 負け

 

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.