デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ちしきの金曜日
 
学生街の飯屋で『できるだけ大盛りにしてください』って言ってみる

三軒目はラーメンだ。




定食、カレーとくればラーメンでしょう。定食、カレー、ラーメンといえば学生大盛りこってり文化の三要素といっても過言ではありません。と、いうわけで今度はラーメンのお店、「うだつ食堂」にきてみました。


徳島中華そばのCD、気になる。
おー、このお店もボリュームありそうだ。

わりとすんなりオーダー。

うだつ食堂は徳島ラーメンのお店。いたるところに徳島関連のポスターが貼ってあります。「うだつ」って変な名前ですが、江戸時代の徳島では家の垣根のようなものを「うだつ」と呼んでいたそうです。でも、なんでそれを店の名前に?

連日大盛りサービスを食していて、少し胃が疲れてきてるんですがさっそく頼んでみました。

梅田「ラーメン、できるだけ大盛りで」
店員「特盛りでよろしいでしょうか?」
梅田「ええ、できるだけください」
店員「わかりました」

このお店はなんなくオーダーできました。学生街のふところの深さに驚く。ひょっとするとこの街には決められた分量の料理を提供するという概念がないのかもしれない。

でてきたラーメンはというと……。


ラーメン特盛り  600円。安い!

カメラからは大きさをお伝えしにくい部分もあるかもしれませんがかなり大きなラーメンです。横に置いてある携帯電話からそのサイズを想像してもらえるとありがたいです。でかい。味の方は今流行のこっさり系(こってり、あっさりの両方を兼ね備えているという意味)です。あと、別売りで“カツ天”なるものを乗せて食べるのがこのお店の名物らしいです。


これがカツ天。いかにも脂っこそうな写真ですが、うまいんです。脂っこいラーメンって筆舌に尽くしがたい魅力がありますよね。
鼻水でた。

うだつ食堂

新宿区西早稲田1−11−1
03−5292−9231
営業時間11:30〜深夜3:00


無事完食! 

なんだか途中下車の旅の阿藤快さんになったような素朴なレポートが続いていますがいよいよ最後は度肝を抜く衝撃のどんぶりが登場です。



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.