デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ロマンの木曜日
 
林家の食卓
一期一会

先月の企画「みんなで決める誕生日」で、林さんからのプレゼントを何にするか皆さんから投票していただいた。結果、僕へのプレゼントは「林さんの実家ご招待」に決まり、宮崎県は延岡市にあるご実家にお邪魔させていただく事に。そして実現した林家1泊2日の旅。その模様をレポートします。

(text by 住正徳



これから行くから
延岡駅は近い
延岡駅、18時30分
ご両親にご挨拶
まずはお風呂

17時 宮崎空港から延岡へ

羽田空港から約1時間半のフライトを経て宮崎空港に着いたのが17時。
そこから特急電車で1時間半、延岡駅に向かう。

林「あ、雄司だけど、今空港から電車に乗ったから、えっ?住さんはタバコ吸わないよ、うん、うん……」

林さんのご両親は10年程前に東京から延岡市に引っ越し、田舎暮らしを満喫されている。自給自足を目指すお父さんのユニークな生活ぶりは、林さんのレポート「ハイテンション田舎暮らし」に詳しい。大量に能面を自作したり、大量なウコッコケイを飼ったり、大量なほだ木でシイタケを育てたり……。
これから僕はそのハイテンションなご実家に林さんと一緒に1泊させていただく。

住「どんな話をしたらいいんですかね」
林「心配しなくても親父は話し好きなんで、ずっとしゃべってると思いますよ」
住「初対面でも、ですか?」
林「ええ、とにかく話し始めたら止まらないから、そっちの方が心配です」
住「でも、気まずい沈黙よりいいじゃないですか」
林「うーん……」

林さんは考え込み、しばらくすると眠ってしまった。
徹夜明けだったらしく延岡駅に着くまで、コクリコクリとやっていた。

「19時 林さんの実家に到着」

延岡駅からは車で山道を行く。
細くクネクネとした道を登り林さんの実家が近づいてくる。外はもう真っ暗で星が目立っている。

15分ほどで家に着くとご両親が満面の笑顔で僕たちを迎えてくれた。
「どうもどうも、寒い中、忙しい中、その上こんなに遠い所まで!」
お父さんは節のついた言い方でそう言うと大声で笑った。
お父さんと握手をすると、ここに来るまで抱いていた不安が吹き飛んだ。

東京からお土産に持って来た焼酎とお茶を渡す。
「まあ、そんな事!」
お母さんが恐縮してこっちも恐縮してしまう。
「この焼酎、東京でお父さんがいつも飲んでたやつだわ」
僕のセレクトは六調子という米焼酎で、偶然にもお父さんの好みにあった。
お父さんは焼酎の箱を手にすると裏を見て笑った。
「そうそう35度、これがおいしいんだ!」

林「親父、強い酒が好きで、昔はよく焼酎を煮詰めてたんですよ。そうすると度数が上がるとか言って、部屋中アルコール臭くして……」

お父さんは六調子を床の間に飾った。
「さあ、住さん。お風呂入りなさい。この水は井戸水で、いい湯になってるよ」

着いて10分もしないうち、僕は林さんの実家でお風呂をいただいている。
バスクリンで緑色になったお湯につかりながら、人生の不思議を思う。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.