デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ひらめきの月曜日
 
サイコロ食研究

第三段階
料理の具をサイコロ化する

今度はすでに料理されているものの具をサイコロ化してみる。サイコロ型でも、彩りを手がかりに料理を楽しむことができるんだろうか。そして私はいい加減満腹になれるのか。

昼ご飯をかねてスーパーの総菜コーナーでお買い得品だった品々を取りそろえました。


煮物は 弁当?

あんまり食欲をそそらない。特にホタテの不明感には恐怖感すら。
食べてみると普通に食べるよりも妙に味が濃く感じた。「煮物はしょっからいもんだ」という免罪符がサイコロ化によってはがされた形か。


チビ太おでんは あー…

形が同じだということのガッカリ感が大きい。おでんは元々幾何学的な形をしているだけに、形が変わったことに意識がいきやすいのかもしれない。
チビ太もこれじゃあ調子出ないだろなあ。そして、こっちも普段より味が濃く感じる。


特売だった天ぷら うまく切れない

間違えた日本料理みたいだ。クラッカーにでものせたらどうだろう。ちょっとしたオードブルに。
天ぷらでは一番エビ天が好きなはずなのだが、サイコロ化したらカボチャの方が好みだった。と、いうことは、私は今までピュアにエビ天を愛していたのではなく、エビのステイタスの高さを買っていたのだろうか。それともカボチャのきれいな色に惑わされているだけか。五感が脳を戸惑わす。

それにしても、どの料理もスーパーの試食を食べてるみたいだ。結果的に満腹感は得たけれど、つまみ食いをしすぎた時みたいなスッキリしない変な感じ。せっかく昼間から天ぷらなのに!


煮物
味が濃く感じる

おでん
やっぱり味が濃く感じる

天ぷら
いつもとは別の物を美味しく感じる

わかったこと
形が面白くない分、意識が味に集中した。また、試食みたいで、がっちり食べた気がしない。


この状態だと、まだ脳は一応元の食材を目で判別できている。原型をとどめずにサイコロ化したらどうだろう。

目指すは料理のサプリメント。想像上の宇宙食作りの様相も呈して参りました。NASA気分で研究は 第四段階へと進みます。

なお、ターゲットは晩ご飯。今日のメニューはすき焼きです。


フードプロセッサー登場

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.