デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ひらめきの月曜日
 
サイコロ食研究

第二段階
同じ色の食材をサイコロ化する

そんなわけで、今度は食材を白に限定する。大根、豆腐、はんぺん、アイスをチョイスした。

麦茶だと思って飲んだらコーラだった、みたいなことは良くあることだが、今回は切って準備するのも、食べるのも自分。それでも勘違いの食感は演出できるのか。

味は色々だけど、白

さっきよりも少し大きめに5センチ四方ぐらいにカット。食べてみた。

上から時計回りに
はんぺん、アイス、豆腐、大根

はんぺん
冷や奴みたいだ。よく見ればはんぺんなのは分かるにもかかわらず、食べた瞬間、冷や奴の味でないことに戸惑う。

大根
冷や奴みたいだ。よく見れば大根なのは分かるにもかかわらず、箸で食べようとしたとき固いことに戸惑う。

アイス
冷や奴みたいだ。よく見ればアイスなのは分かるにもかかわらず、食べた瞬間、甘いのにびっくりする。

豆腐
冷や奴だ。

わかったこと
脳は全ての食材を冷や奴であると認識した。白くて四角い食べ物は冷や奴だというすり込みが強力なようだ。
色だけでなく、形も味に大きく影響することが分かった。


調子に乗ってかつぶしも乗せてみる

そして、この調査後、興味深い現象が起きた。

この白いサイコロ四種を全部平らげたのだが、全然お腹一杯にならないのだ。全部違う味なのに、色んな物を食べている気がしない。

満腹中枢を刺激しないのは彩りがないからか?それとも全部サイコロ型だからか??

わかったこと・追加
同じ色、形のものばかりだと満腹にならない。

では、普通の料理の具が全部サイコロ型だったらどうだろう。ちゃんと普通通りお腹一杯になるんだろうか

研究は対象は食材から料理へ。第三段階に入ります。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.