デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ロマンの木曜日
 
送る

競争社会と言われる今の世の中、「我先に、我先に」と相手を蹴落とす様な行動が多くなっていないだろうか?地下鉄のホームで電車を待っていて、ふと割り込まれると必要以上にイライラしたりしていないだろうか?そんな殺伐とした時代だからこそ、犠打の精神が大切なんじゃないだろうか?送りバント。
という訳で、犠打(送りバント)の世界記録に挑戦してみた。

(text by 住正徳


犠打世界記録保持者、元読売巨人軍・川相昌弘内野手
錦糸町ロッテ会館内、バッティングスタジアム
プリペイドカード7000円分
いざ、バント

犠打の世界記録に挑戦

犠打とは……
自分はアウトになって味方のランナーを進塁させるバントのこと。送りバントとも呼ばれている。

今年の8月20日、当時読売巨人軍に在籍していた川相昌弘内野手(38)が通算512個目の送りバントを決め、犠打世界記録を達成した。21年に渡るプロ生活の中でコツコツと積み上げて来た大記録だった。
その後、シーズン終了時まで川相選手は2つの犠打を追加し、今の犠打世界記録は514。今回、その514犠打超えに挑戦する。


某日、午後2時。錦糸町のロッテ会館6Fバッティングスタジアムにやって来た。ここが世界記録挑戦の舞台となる。

平日という事もあり、バッティングスタジアム内は閑散としていた。
これから世界新記録が生まれようとしているのに、何か物悲しい雰囲気が立ちこめている。が、これでいいのだ。
自分はアウトになって味方のランナーを進塁させる。そんなチームプレーに徹する精神こそが犠打の醍醐味であり、そこに脚光はいらない。
ただ黙々と打球を前に転がす事だけを考えればいい。


受付で1枚1000円のプリペイドカードを7枚購入した。
カード1枚で4ゲーム80球プレイ出来る。7枚だと28ゲーム、560球という事になる。その中で世界記録の515を達成するには、92パーセントの成功率をキープしないといけない。
バントに関して素人同然なこの僕が、そんなに高い成功率を保てるのか?
そもそも560球も体力がもつのか?

技術面、体力面での不安を抱えながら、僕は打席に向かう。

ロッテ会館のバッティングマシンは「ピッチング映像システム」を導入していて、プロの投手が投げる映像が写し出され、その動きに合わせて球が飛んでくる仕掛けだ。
僕の選んだマシンには巨人軍の上原投手の映像が流れる。
打席に入りプリペイドカードを挿入し、球速を選択する。時速70kmから130kmまで選べるが、一番遅い70kmにした。560球も受けなくてはいけない、衝撃は少ない方がいい。
左手には数取器を持ち、バントが成功する毎に数をカウントアップしていく。


こうして世界記録挑戦の舞台が整い、無謀ともいえる515犠打への挑戦が始まった。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.