デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


はっけんの水曜日
 
菊の良さを見なおす


菊は、あんまり人気のない花なんじゃないかと思う。

原産は中国で、日本には奈良〜平安時代に伝えられたんだそうだが、桜に次いで「日本の花」の代表格だ。
でもその「みやびっぽさ」が逆にドンくさい。あか抜けないイメージだ。

「花のお届けサービス」で働いたことのある知人が言っていた。
「花ってさあ、贈り物だから、めったにクレームなんか来ないんだよね。貰った人は、たいてい喜ぶものだしね。
でも一度だけ、クレームがあったんだ。
『なんで花束に菊なんか混ざってるのよ、辛気くさいっ』ってね」

……かわいそうな菊。

いま季節は晩秋。菊は道ばたで咲き誇っている。

その菊を、そっとながめてみようじゃないか。
菊のいいところを、見つけよう。

(text by 大塚幸代


ふとしたリリカルさがし

菊の良さを見つける以前に、まず説明させてください。

私はひとりあそびで、「ふとしたリリカルさがし」というのをやっている。
たいしたことじゃない。日々の生活でちょっとした「お楽しみ」を見つけるというゲームだ。

その中でも「見過ごしそうな道ばたで、花を見つけてデジカメで撮る」というヤツは、やってみるとかなり楽しい。
少女趣味アンテナ全開で歩けばすぐに見つかる。例えばこんな感じだ。

お、ここ、ここにリリカル発見。 うーん、いいねえ…。
ここもそうですね。 おお、可愛いねえ…。

これは、季節が寒くなるごとに、見つけるのが難しくなってくる。でも逆に、見つけたときの喜びも大きい。

このあそびの中で、秋冬になるとグっときちゃうもの………これが菊なのだ!
菊は、たいした世話をしなくてもたくましく育つせいか、道ばたに、民家のはしっこに、駐車場に、ぼんぼん生えている。

たいてい場末に咲いてる菊。 でもアップで見ると可愛いのです。
 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.