デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ロマンの木曜日
 
証明写真

当サイトのライター紹介ページで使っている僕の写真は古い。
「今と随分印象が違うので、写真を差し換えてください」
ウエブマスターの林さんから連絡が入った。

1年以上も前の写真だ。髪型も変わり今とは随分と印象が違う。坊主頭にしてからの写真に差し換えないといけない。
手許に適当な写真がなかったので、近所のスピード写真で撮影する事にした。ちょうど免許証をなくしてしまったので、この際再発行用の写真にもしたい。

目指せ柔和な表情の証明写真!!

(text by 住正徳

撮影中です

スピード写真で

顔の位置を合わせて撮影スタート

どちらかといえば、犯人

街のスピード写真でやっぱりガッカリ

以前ドイツに行った時に、仕事の関係で証明写真が必要になり、街の写真屋さんで撮影してもらった事がある。
カメラの前に座り真剣な眼差しでレンズを見つめたら、突然店主がゲラゲラと笑った。
通訳の人曰く
「何でそんなに恐い顔をするんだ?何故笑わない」
と言っているそうだ。
僕にしてみたら、何故笑わなくてはいけないのか意味が分らなかったが、ドイツでは証明写真用の写真は笑顔でちょっと横向きになるのが常識らしい。横向きになるのは耳の形が分るように、という意味がある。
耳の形をみせるのは理解出来たが、何故笑う?
免許の写真が笑っていたら、違反した時に点数を余計に取られてしまいそうだ。

結局、笑う事は出来ず、店主に笑われたまま撮影してもらった。


そして、今回久しぶりに撮影したスピード写真を見て、やっぱりガッカリする。
ドイツ人みたいに笑顔で写るのには抵抗があるが、あまりにも表情がカタい。
加害者か被害者か、どちらかと言われれば明らかに加害者の方だ。

もっと柔らかい印象を与える写真を撮りたい。
柔和な証明写真はどこで撮れる?

プリクラはどうだろう?
最新のプリクラ機は随分と凄い事になっていると聞く。
そこでプリクラ機を開発している会社、オムロンエンタテインメント社に伺う事にした。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.