デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ロマンの木曜日
遠距離ボウリング

 
ファーストゲーム

「1フレ」

住:第1投 林:第1投

住 >> 林
1投目、いきなりガーターでした。見かけ倒しもいい所です。
 
林 >> 住
1投目は6本でした。100は行くでしょう。

いきなりガーターを出してしまうが、振り向いても誰もいない。



オーバーに落ち込んだりしなくていい。

無言で席に戻り、何事もなかったかの様にメールでガーターを報告。
林さんはいきなりスペアを出している。むむむ。

林 >> 住
僕、割と得意なんです、ボウリング。

「2フレ、3フレ」

住:ガーター一直線 林:1ピン残し

林 >> 住
3フレームで32点です。隣の隣の男のグループが投げる度に「パージェーロ、パージェーロ」と歌ってます。フレンドパーク気取りです。
 
住 >> 林
2フレも連続でガーターです。足をどうやって運んだらいいか分らなくなりました。

 
久しぶりのボウリングだったので、手の動きと足の運びの関係が分らなくなってしまう。投げるタイミングを逃して、ボールを持ったままピンまで行ってしまいそうだ。

 
「4フレ、5フレ、6フレ」

田町:続々とお客が 錦糸町:こちらも大盛況

住 >> 林
隣の人の足の運びを研究したら8ピンが2回続きました。いい感じかと思いきや、5フレ、6フレとガーターが続きます。足首を捻った様で、痛いです。
 
林 >> 住
隣の掛け声はアニータ!に変わりました。惑わされないでいきます。

 
田町、錦糸町、いずれの会場も盛況で、知らない間にボウリングブームが到来していたのか?
どこのグループも拍手、ハイタッチ、落胆を繰り返し、ボウリング場内は大騒ぎだ。
僕は心の中で「ア・ニー・タ!」とタイミングを図る。

 
「7フレ〜10フレ」

林 >> 住
7フレ、ストライク 。田町の住さんにハイタッチ!
 
林さんからハイタッチメールが。
僕も7フレームにして初めてのスペアを記録。ハイタッチを返す。 


住 >> 林
ナイスストライク!!そして僕も初スペアです。「よしッ」って思わず声に出して独り言。スペアなので次が大事です。
 
 
リアクションが面倒だ、とか言いながらハイタッチメールを交換して楽しんでいる。
メールの方が面倒なのでは?薄らと疑問を感じながら、遠距離ボウリングを続ける。
 
 
林 >> 住
8フレ。うおおおお!スペアの次に9ピンゲットです。一気に点数を稼げた感じがしますが、今度は手首が痛くなりました。
 
< 1ゲームの結果 >


1ゲームを終え、僕が81点で林さんは114点。33点も差が開いてしまった。
林さんに2ゲーム目を要求し、リベンジを狙います。


▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 
 
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.