デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ひらめきの月曜日
ビニール傘で受信する

   

聖地へ
 
やってきたのは秋葉原。見回せば360度ずらり軒並む電気屋が、こぞって絶え間なく電気なものものを取り扱っている。以前ここに来た時は確か炊飯器を買った。今日はラジオの部品を探す。家電、しかも炊飯器が目的みたいなヤワなネンネじゃないんだぜ。
  
案の定、街をあるけば「ラジオ」にあたる。
「ラジオ」と書いてあっても特別ラジオ的なものを置いていない店もある。「サトームセン」の「ムセン」とか「ビックカメラ」の「カメラ」とか「さくらや」の「さくら」みたいなもんか。
  
ラジオの部品を売ってるのはどこだ。 かかってこい、ラジオ!の部品!洗礼、受けてやろうじゃないか。


何がなにで

どれがどれやら

左のお皿、ぐるぐる巻きのが「クリスタルイヤホン」、下のピンのようなのが「ゲルマニウムダイオード」

入手!
 
それらしい店々は、熟練のラジオ職人と思われる諸先輩方が光る目で部品を物色している。丸腰では挑みにくい雰囲気だ。
 
しかし、ひるんでばかりもいられない。「最初はみんな初心者なんだ!」言い聞かせ、意を決してアタックした。
 
店内はなんだかもう、そこいらじゅうからいろんなコードがぶるさがり、台は升目のように小分けされて、中には何に使うのかがまるっきり想像がつかないようなものが詰まっている。
 
まずは自力で目的の部品を探してみた、が、よく考えてみたら、自分の探す部品のビジュアルすら分かっていないんだった。
 
「すみません、これ、欲しいんですが……」
「ああ、はいはい」
 
ほとんど一瞬でギブアップして店の方に探してもらう。
 
出てきた「ゲルマニウムダイオード」は疑うほど小さかった。モーターみたいなものを勝手に想像していたので驚く。
 
こんな虫みたいので、ラジオが作れるのか。すごい!ビニール傘ラジオへの期待度がさらに高まる。
 
値段も失敗用に2セット買っても1500円しなかった。「クリスタルイヤホン」なんて200円だ。「クリスタル」なのに。
 
準備万端、いよいよラジオ作ります!






▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.