デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ロマンの木曜日
糸電話で市外通話

糸の先を石に結びゆっくりと降ろしていく

川崎側の河川敷に残った女性スタッフ2名に向かって、橋の上から糸を降ろす。
「ゆっくり降ろすから!」
「はいっ!」
大きな声で安全を確認しながら糸巻きをゆっくりと回す。シュルシュル、シュルシュル。

「受け取りましたー!」
女性スタッフが叫ぶ。

「よーし、じゃあ歩くぞ!」


歩きはじめる

橋の端を糸を伸ばしながら歩いていく。
この時、糸が緩まない様に最新の注意を払わなくてはならない。緩んでしまえば、風に煽られて糸が絡まり、取り返しのつかない事になる。

糸の状態を気にしながら慎重に歩を進める。


進むしかない

前田「石塚は今週納品の仕事がたまっているそうです」
スミ「そうか」
川崎側に残した石塚は徹夜明けらしい。

前田「あそこで糸を持たせていて、大丈夫でしょうか?」
スミ「……」

 

前田「我々は正しい方向に向かっていますか?」
スミ「それは俺にも分らない」
前田「もう後戻りは出来ないですよ」
スミ「うん。今は糸の張りだけを考えてとにかく進もう」


一足先に東京側の河原へ

歩き始めて数分で東京側に着いた。
僕が先に河原に降りる。
橋の上の前田から糸巻きを投げてもらい、無事に僕の手に糸がわたった。

「ここで緩んだら今までの苦労が台無しですよ」

橋の上から前田が叫ぶ。

「分かってる!」

叫び返して前田が降りて来るのを待つが、水糸が手に食い込み痛い。75メートル分の水糸が風を受けて物凄い力で振動している。川を越えた水糸は凶器となって僕に襲いかかる。

体に糸を巻きつけ糸の重さに耐えていると、僕の携帯が鳴り川崎側の女性スタッフの悲鳴が聞こえた。
「ゴムが切れそうです」


ゴムが限界に

スミ「よし、ゴムは諦めよう!竿に直接結べ!!」
僕の指示を受けた女性スタッフが糸を竿に結び直す。



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.