デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


はっけんの水曜日
あの夜の道頓堀に行ってみた

私はとくに阪神タイガースファンじゃない。そもそも野球をよく知らない。
なのに、今回の阪神の快進撃と優勝で、喜ぶ阪神ファンを見ても、ムッとしている他球団ファンを見ても、なぜかザワザワッとした。
何だろう、この感情。
何かに例えてみようとした。「成就しそうもない友達の恋が、いきなりうまくいって、電撃結婚しちゃった感じとか?……違うなあ。純粋に『お祭り』として楽しそうだから?……それはそうだけど、やっぱりなんか違う。……?」

優勝の決まった夜、テレビのニュースを見て決めた。
「そうだ、道頓堀行ってみよう。何かスッキリするかもしれないし」
9月15日、午後6時半に、東京のアパートを出た。
午後11時に、大阪に着いた。

(text by 大塚幸代


えびす橋のうえ

新大阪駅から地下鉄に乗って、道頓堀へ行く。
電車の中は静かで「大阪はどこもかしこもカーニバル状態」なんて想像は間違いだった。冷静に考えてみれば当たり前だ。
でも20人に1人くらいの割合で、阪神のユニホームを着てる人がいた。さすがだ。


阪神ユニホームの人が増えていく

なんば駅に着くと、急にホームに人が多くなった。週末の終電まぎわの新宿駅のようなザワつき。
対抗して歩いてくる人の顔はみな、歓喜にあふれていた。……というか、優勝した瞬間から既に数時間たっていたせいか、「笑い疲れて半笑い」のような顔になっていた。

地上に出ようとすると、どーんどーんと地響きがして、六甲おろしが聞こえてきた。
そこで見えたのは、路上で、歌い騒ぎ、タイコ鳴らす、風船飛ばす、酒を飲む、阪神ファンの群れ、群れ、群れ。

よく見ると、歩いてる人の平均年令がやたらと低かった。20歳前後の人が、一番多かったんじゃないだろうか。

パトカーのスピーカーから「危険な行為はやめなさいッ」というヒステリックな声がした。大量の警官が立っていた。逆に騒ぎは盛り上がる一方。


絵ヅラだけ見るとテロみたいだ

道頓堀の水面が見えるところまで行ってみる。躊躇なく、人がポテポテと落ちていく。飛び込むのはほとんど若い男性だ。橋の欄干に立ち、両手を上げたりして皆をあおってから、スーーーッと落ちていく。
その様子を写メールで撮ってる人も多かった。


橋のまわりには人がみっしり

えびす橋(グリコの看板が見える、いちばん有名なスポット)を渡ってみることにした。
橋の上は人でみっしりで、まともに歩けない。「若くて元気な男性が多いから、人ゴミが崩れずに保ってるんだよなあ、これで女子供や年寄りが多かったら、筋肉も骨も弱いから、将棋倒しになっちゃうよなあ……そしたら死人が出るよなあ」とぼんやり考えた。
そんなみっしりな中でも自転車に乗ってる人がいた。大阪の人がマイペースって本当だなあ、とも思った。


橋の上、収拾つかない盛り上がり

やはり脱ぐ人もいる

橋の欄干の上で踊る踊る

水に飛び込んで、陸にあがってきた人は、なんだかボヤーンとしていた。放心しているのか、単に疲れたのか。
「ダイブのあとはドブくさい」という話をきいていたので、さりげなく近付いて匂いをかいでみた。そんなでもなかった。


飛び込んだ人たちはまったりしている


▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.