デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


はっけんの水曜日
カツシカのエビ釣り

ウキに集中。


よってきたシラサギ。


足下にあった穴にいたザリガニ。

あっさりゲット?

針に気持ちの悪い虫をつけて、水中にほおる。虫に触るのは、全然平気だ。

とお!

無事フィッシュオン。
これでいいのかなあ、と思いながら、竿をそのまま置いて、トイレに行った。
戻って竿をあげてみると………。

お?

……いきなり釣れていた。

手ごたえも何も感じられなかった、なんだこれ、こんな有り難みのないものなのか? と思いながら2投目。
あれ? エサだけなくなってしまった。よし、3投目。4投目。5投目……。

(1時間経過)

あー、全然だめだ、またエサを替えなくちゃ、と竿を上げたら、釣れていた。

わからん!

ウキがピクピクっとなってから、引き上げるまでのタイミングが、さっぱりわからない。
「このエビのリズムがつかめたら、エビ釣り名人になれるんだ、そうに違いない!」
私は無心に竿を投げ続けた。
何も考えていなかった。ただただ、水面とウキを見ていた。

(さらに2時間経過)

「大塚さーん、集中しちゃって、トランス状態に入ってるでしょ、あははははは」

実はこの日、当サイト木曜日担当の住さんも、同じ場所で取材を敢行していたのだ。テーマは「強い酒でピクニック」だ。(編集部注:7/10掲載予定)

「これ、飲むといいですよう」

得体の知れない、透明の液体を、紙コップにもらった。
口をつけると、小雨で冷えきった身体が、ぼぼぼぼぼとあつくなった。

(さらに1時間経過)

結局、釣果は4時間で6匹………。

うまい人は100匹もとるらしいのに。無念だ。

しかし妙な充実感はあった。



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.