デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


はっけんの水曜日
水着売り場潜入記
すんげえ水着を買うぞ!

ピチピチギャルであった頃、水着に全く興味がなかった。
夏だろうと、本屋とかCD屋とか本屋とかCD屋にしか行かなかったので、健康的な遊びはしなかったのです。

時は流れ、私はピチピチとはいいがたい年令に。
今頃になって、
「女子が水着を買うのは、泳ぐためだけでなく、季節の縁起ものというか、気合いというか、なんかイベントというか祭りだったんだな。お祭りなら参加したい! 私も夏のはじまる前に、キャッキャとたのしく水着を買いたいーーー!」
と思うようになった。
私は新宿にある水着売り場をめぐって、ギャルの諸先輩がたの買い物っぷりを見学することにした。
さあ勉強して、水着、買うわのよ!

(text by 大塚幸代


ディスプレイはオレンジ色。



アダルトに派手な水着。

すんげえ水着に悩むOLさん

まずは南口にある「T」百貨店へ。
店の面積自体が広いので、水着売り場も広いのではないか、と思ったのだけれど、思ったより狭い。
まだ6月だからだろうか? ハイシーズンになったら拡張するのかなあ、と思いながら中を歩く。

マネキンには、オレンジ色系の水着が着せてあった。この売り場のおすすめは、オレンジ色なんだろうか。

おそろいの青いTシャツ、カーゴパンツの店員が、売り場面積に見合わないほどたくさんいた。
「ご試着もできますので、おためしくださいねー」
と、すれ違いざま声をかけられる。

流行りものの、派手な水着が多い。ギャル向けというよりも、20代前半のOL向けといった感じの、すこしアダルトな派手さ。
サイズ展開はあまりなかった。背が170センチとでかく、骨格もでかい私は、普通サイズではきびしいので、「これはツラいなあ」と思った。

地味目なスーツを着た、色白ぽっちゃり系のOL風女性が、ひらひらした、布面積の少ない水着をながめていた。

店員「ご試着できますよー」
女性「………あ、ええ」
店員「今年は、これも結構出てるんですよー」
女性「やっぱりタンキニ(タンクトップみたいなトップスの水着)が人気なんじゃないですか?」
店員「そうですねえ、でもこういうビキニは、やっぱり人気ありますよー」
女性「………そうですか」
店員「ご試着なさいますか?」
女性「………ん」
店員「………」
女性「………ん」
店員「……あんまり、こういうの、着たことないですかー?」
女性「………ええ」
店員「………」
女性「………」

無言で水着を見つめ、水着の布をコネコネする女性。半笑いで固まる店員。
マンツーマンの接客はつらい。



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.