デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ロマンの木曜日
一番前からコンニチハ

●まずは1作目“LIFE”について


かぶりつき

田辺君は車窓を流れる大パノラマにかぶりつきだ。
「こんな南新宿、初めてだ」とか「代々木八幡ってこういう駅だったのか」
とか言っている。
確かにホームを抜ける時の迫力は凄い。まさにリアル「電車でGO」だ。

タナベ「白線の内側までお下がりください。って心から思うな」

流れる景色に気を取られる田辺君から映画の話を聞く。


監督、田辺誠一

スミ「今回の新作は4つの短編のオムニバスだけど、まず1作目の“LIFE”。これはどういう思いで作ったの?」
タナベ「見てもらって分かったと思うけど、“LIFE”は台詞なし、編集なしのワンカットで構成されている」
スミ「うん。しかも9分という尺の中で1人の女性の人生70年分を描いている」
タナベ「そう。台詞なしで構成した事によってどこの国の人が見ても分る、普遍的な……」


各駅停車の新宿行きとすれ違う

スミ「あっ、対向車」
タナベ「えっ?どこ」
スミ「ほら」
タナベ「うぉー!運転手と挨拶交わしたくなる」
スミ「ここに座った人のほとんどが対向車の運転手に手振るだろうな」


まさに運転手気分

興奮する僕たちを乗せてロマンスカーは代々木上原の駅を通過する。


代々木上原駅、通過

スミ「ここで毎日乗り換えてるんだよなあ」
タナベ「見え方違うでしょ」
スミ「全然違う」



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.