デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集:涙


ロマンの木曜日
お花見を10倍楽しくする方法


写真
立派な枝ぶり。花はない

写真
熱燗が出来る燗番娘

写真
カンパーイ。雨だけど

「花見の準備、楽しいな」

21時30分、青山墓地に到着。もちろんこんな時期に花見をしているグループなどいない。絶好のお花見スポット青山墓地は僕たちの貸切り状態。

「なるべく枝ぶりのいい桜の下がいいですね」
桜が咲いていない事は気にしない。咲いている姿をイメージして枝ぶりのいい桜を選ぶ。

青山墓地入り口近辺、トイレも近いTさんが眠るお墓の前を花見場所に決定。
2週間もして桜が咲いたら、こんないい場所は絶対に取れない。

こうして、楽しい花見の為のポイント4つ目「場所選びは慎重かつ大胆に」もクリア。
楽しい花見が約束されていく。

雨はどんどん本格的になっていくが、ゴアテック加工のしばれフェスティバル仕様モビルスーツは寒さだけでなく雨にも強い。
モビルスーツに身を包んだ僕と林さんは颯爽と段ボールを敷いていく。

「段ボール、すぐにびちょびちょになっちゃいますね」
荻原隊員が余計な事を口にする。
この雨で段ボールが敷物の意味をなしていない事くらいみんな薄々気付いている。
それは気にしない方向で。

段ボールを敷き終わり、お酒とおつまみを並べ、フリーズ食品用のお湯を沸かすためにコンロに火をつける。
雨が強いのでコンロが濡れない様に傘をさす。

楽しい花見の為のポイントその5、「コンロのガスは火を絶やさぬ様に」

そろそろお湯も沸騰しようかという頃、発見の水曜日担当大塚さんが合流。
「乃木坂駅からここまで1人で墓地の間を抜けてきて恐かったです」
かすかにやつれてしまっている。外苑前で下車してくれたらすぐだったのに。悪い事をしてしまった。
「いやあ、大変でしたね」
気遣いの言葉をかけたら、大塚さんは燗番娘(熱燗になるカップ酒)に夢中になっていた。さっきまでのやつれは何処へ?

楽しいお花見の為のポイントその6「燗番娘は疲れた心も暖める」

面子も揃いお湯も沸き、燗番娘も熱くなったので、花見はいつでもスタート出来るが、その前にみんなで意識の摺り合わせ。
桜が咲く時期はお墓の前で大勢の花見客で盛り上がるんだから、今日ここで宴会をしても罰は当らない。

「いやあ、Tさんだって、にぎやかな方が楽しいはずですよ」
「そうですね。ここは遠慮しないで楽しんだ方が故人だって喜びますよね」

縁もゆかりもない故人を想い、一同乾杯。
楽しいお花見の為のポイントその7「にぎやかな方が故人も嬉しい」



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.