デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


クラブ活動
 

毒部
伊藤健史 たった数ミリグラムで幾人もの人間を殺傷できる猛毒を持つ超危険動物から、単に不快なだけの虫まで、我々の周囲では多種多様な有毒生物が生を謳歌している。
そんな妖しく、かっこいい、時に癒される毒の生き物達を紹介する事によって、WEB2.0もソーシャルネットワークも確かに素晴らしいけれども、世の中には「毒」という切り口もあるんじゃないだろうかというささやかなライフスタイル提案ができたらと思う。
それにしてもなんといういかがわしい名の部活動だ。親が見ていなくてほんとうによかった。 (伊藤健史

ヤマカガシ

ヤマカガシ
マムシやハブより目が理性的。体の模様も幾何学的でセンスと誠実さを感じる。 営業マンのネクタイだと思って見れば、どちらに仕事を任せたくなるかは明らかだ。

カエルを主食とする事から水田などでよく見かける。マムシやハブと比べて性格もおとなしいが、この2種を凌駕する程の強い毒を持ち、咬まれた人が死亡した例もある。

子供の頃、テレビで「ヘビはしっぽの先を持てば絶対咬まれない」みたいな事を言ってるのを聞いて、やばいぼく賢くなっちゃったなあとばかりに小さなヤマカガシを捕まえ、しっぽを持って周囲にみせびらかしながら「ここを持ってれば大丈夫だよーん」とドヤ顔をしていたら、よいしょっと頭を持ち上げたヤマカガシに手を咬まれた事があった。

後牙類といって毒の牙が口の奥の方にあり、口も小さい為に深く咬まれなかったので何事もなかったが、ヘビと、メディアの危険さを思い知った出来事であった。

ヤマカガシ
皆が嫌がるヒキガエルを積極的に飲み込む好漢。「御社に発注します」と声をかけてやりたい。

牙だけでなく、首筋にも毒を持っており、上から抑えこもうとすると毒液を50cm程も飛ばす。ヤマカガシは毒を持つヒキガエルを好んで食べる唯一のヘビだが、その毒成分を取り込んでいるというかっこいい仕組みらしい。
この仕組みがわかったのはなんと2007年、ごく最近の事である。なんせ流行語大賞が「どげんかせんといかん」ですよ。って書いてみるとなんかもう懐かしいではないか。

( 2012/03/27 13:00:00 )



△いちらんへ

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.