デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


クラブ活動
 

毒部
伊藤健史 たった数ミリグラムで幾人もの人間を殺傷できる猛毒を持つ超危険動物から、単に不快なだけの虫まで、我々の周囲では多種多様な有毒生物が生を謳歌している。
そんな妖しく、かっこいい、時に癒される毒の生き物達を紹介する事によって、WEB2.0もソーシャルネットワークも確かに素晴らしいけれども、世の中には「毒」という切り口もあるんじゃないだろうかというささやかなライフスタイル提案ができたらと思う。
それにしてもなんといういかがわしい名の部活動だ。親が見ていなくてほんとうによかった。 (伊藤健史

オニダルマオコゼ

オニダルマオコゼ
1尾分の毒でマウス1万匹以上を殺し得るという説もある。魚からしたらマウスって何よという話ですが。

有毒生物はたいがいが警戒色というやたら鮮やかな色彩をしており、「近づくとひどい目みっぞコラ」と世間に警鐘を発している。言ってみれば、毒は持って悪ぶっているものの、殺傷沙汰とかそんな前科が付くような大げさな事態は避けたいし、できればびびって引き下がってもらいたい、くらいの三下的なマインドである。

だが、このオニダルマオコゼは、背ビレや腹ビレに人を殺傷する程の毒トゲを持ちながら、珊瑚礁の岩礁とすっかり同化してしまう保護色をしており、気付かずに踏んだり触ったりして刺される事故が後を経たない。刺しにいっている。本職である。けれんみの無い殺意だ。

オニダルマオコゼ
パッと見は岩そのもの。おらおらーとか肩で風切ってる人よりこういう方が恐かったりするんですよ。

実は、今回と前回のオニヒトデ、オニカマスにオニカサゴやらオニオコゼ、さらに写真のオニグモを加えてオニウイークというのをやろうかと考えたが「だから何なんだ」と思い直して止めた事を告白しておく。

オニダルマオコゼ
オニグモ。そんなに毒は強くない。くだらない言葉遊びの為に引っ張り出して申し訳ない。

( 2012/03/21 11:00:00 )



△いちらんへ

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.