デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


クラブ活動
 

毒部
伊藤健史 たった数ミリグラムで幾人もの人間を殺傷できる猛毒を持つ超危険動物から、単に不快なだけの虫まで、我々の周囲では多種多様な有毒生物が生を謳歌している。
そんな妖しく、かっこいい、時に癒される毒の生き物達を紹介する事によって、WEB2.0もソーシャルネットワークも確かに素晴らしいけれども、世の中には「毒」という切り口もあるんじゃないだろうかというささやかなライフスタイル提案ができたらと思う。
それにしてもなんといういかがわしい名の部活動だ。親が見ていなくてほんとうによかった。 (伊藤健史

オニカマス

オニカマス
やたら青いダメな写真だ。青鬼とか青の時代とかいい感じで解釈してください。

別名ドクカマス。オニだったりドクだったりロクなものではない。
もっと言うと英名はバラクーダである。血液もガッタガタだ。

サンゴ礁周辺で、有毒性のプランクトンを食物連鎖の過程で取り込む事によって「シガテラ毒」という毒を体内に持つ事があり、食べると中毒症状を起こす。

名前こそ「ながら読書」みたいなあまり垢抜けない感じだが、なんかこう、体内に毒を取り込んで自らを毒化する、というのが時代劇に出てくる忍者や殿様の毒修行のようでかっこいい。暗殺に対応するために、少しづつ毒を飲んで体に耐性をつけるというあれである。あれであると言われても困るだろうが、なんせ毒部なんだから大目にみていただきたい。

( 2012/03/20 11:00:00 )



△いちらんへ

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.