デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


クラブ活動
 

毒部
伊藤健史 たった数ミリグラムで幾人もの人間を殺傷できる猛毒を持つ超危険動物から、単に不快なだけの虫まで、我々の周囲では多種多様な有毒生物が生を謳歌している。
そんな妖しく、かっこいい、時に癒される毒の生き物達を紹介する事によって、WEB2.0もソーシャルネットワークも確かに素晴らしいけれども、世の中には「毒」という切り口もあるんじゃないだろうかというささやかなライフスタイル提案ができたらと思う。
それにしてもなんといういかがわしい名の部活動だ。親が見ていなくてほんとうによかった。 (伊藤健史

アカハライモリ

アカハライモリ
裏地が派手っていいじゃないですか。ヤンキーの学ランというか漆器の汁碗というか。

田んぼの用水路等でのんびりと生きている両生類。どこか眠たげで牧歌的な表情と裏腹に、やたらビビッドで情熱的なオレンジ色の腹を持っている。そのカラーリングを参考にして作られたのが三郷ジャンクションである(嘘)。

アカハライモリ
日本のほこるイモリ美を巨大建造物に体現!

その皮膚からはあのフグと同じ猛毒、テトロドトキシンを分泌する。つかんだり触ったりした後に手を洗わずに目をこすると激痛に襲われるので、これからイモリをもてあそぶ予定のある方は注意していただきたい。経験者(私)が言うのだから間違いない。

にも関わらず、薬用として黒焼きが売られている事がある。学研の有害生物図鑑「危険・有毒生物」では、ひどい中毒や死亡例はないが、なんせテトロドトキシンなんで「やめたほうがよい」としごくまっとうに提言されている。

( 2012/03/13 11:00:00 )



△いちらんへ

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.