デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


クラブ活動
 

毒部
伊藤健史 たった数ミリグラムで幾人もの人間を殺傷できる猛毒を持つ超危険動物から、単に不快なだけの虫まで、我々の周囲では多種多様な有毒生物が生を謳歌している。
そんな妖しく、かっこいい、時に癒される毒の生き物達を紹介する事によって、WEB2.0もソーシャルネットワークも確かに素晴らしいけれども、世の中には「毒」という切り口もあるんじゃないだろうかというささやかなライフスタイル提案ができたらと思う。
それにしてもなんといういかがわしい名の部活動だ。親が見ていなくてほんとうによかった。 (伊藤健史

アマガエル

アマガエル
結構撮ってるはずだと思って探したが、冬眠から覚めたばかりの痩せ細った写真しか出てこなかった。

いたるところでマスコットキャラクター化され、小さくてぴょんぴょん跳ねてかわいいアマガエルも、皮膚に毒を持っている事は意外と知られていない。
死に至る程の猛毒ではないが、つかんだり触ったりした後に手を洗わずに目をこすると激痛に襲われるので、これからアマガエルをもてあそぶ予定のある方は注意していただきたい。経験者(私)が言うのだから間違いない。ほんと痛いですよ。

周囲の色に合わせて皮膚の色を変える能力を持ち、時には自動販売機に溶けこもうと試みて、しかもそれが思いのほかいい線いっている。

アマガエル
塗装に合わせて見事に白塗り。ど根性がえるのピョン吉もほっといたら白くなってくるんじゃないですかね。

このまま道路に飛び出したり、木に登りだしたら山海塾さながらのパフォーマンスアートである。ダダガエル。

( 2012/03/12 10:00:00 )



△いちらんへ

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.