デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


クラブ活動
 

大学と股割り

大学と股割り
春のように暖かい一日でした

僕の通っていた大学は、漫画「ハチミツとクローバー」のモデルになった大学だった。漫画には思わず憧れてしまうような美大生の恋模様が描かれていたけれど、僕にはそういう模様は4年間とうとう訪れることはなかった。僕の周りいるのはいつもI君とS君の2人だけだった。

いつだったか、朝一の講義を受けるために僕とS君が講義室でボーっとしていたら、I君が息を切らせて講義室に入って来た。「家の近くのマックで女子高生が40代くらいのスーツを着たおじさんにもたれて泣いていた」とI君は言い「親子には見えないんだよ」と口早に続けた。

僕らは出席表に「○」をつけると、自転車に乗ってそのマクドナルドまでその光景を見に出かけた。しかし、着いた時にはもうそんな人たちはいなくて仕方なく3人で朝マックをして講義に戻った。食べながらI君はその女子高生とおじさんの様子を鮮明に教えてくれた。

いつもモテない3人組のつもりだったが、I君には高校の時から付き合っている年上の彼女がいることを大学生活も後半に差し掛かった時に知った。それからはI君を友達としては見れなかった。神様のような気がしたのだ。

そんなI君は大学を見学に来たりしている制服を着た女子高生を見るとテンションがあがった。「一号館に女子高生がいたよ!」と違う講義で会うとわざわざ報告してくれた。なぜ彼が年上の女性と付き合っているか疑問に思ったものだった。

僕の大学時代の思い出は大体この程度だ。僕に関係ないI君による女子高生の話がすべてになっている。もっと青春チックな「ハチクロ」のような大学時代を送りたかったと今にして思う。なんでこうもネガティブな学生時代を送ってしまったのだろうと。

ネガティブと言えば、今週22日に「友の会」で「地主さんのネガティブ待ち受け」が公開されています。携帯電話をパカパカする度にネガティブなフレーズが一つずつ表示されます(全部で200種類)。「ネットで見た時は綺麗だったのに…」や「え、その習慣うちだけなの…」のようなネガティブなフレーズが表示されます。ぜひダウンロードしてみてください。

さて、股割りだけれどこちらはポジティブに頑張っている。割れるぞ! 割れるぞ〜とポジティブに自分を奮い立たせつつ、本日も股割りに励んだ。 ( 2010/02/24 21:00:00 )




△いちらんへ

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.