デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


クラブ活動
 

父との生活

10月8日(月) シャツがIN

10月8日(月) シャツがIN
真似してみても同じ風格は出ない

3連休も終わり、父は明日からまた研修ということで今日の夜0時前に実家から僕のアパートにやってきた。実家を出発するときにまた母にいろいろ食糧を持たされたらしく、柿とか軟骨つき豚肉(骨付きかルビの豚肉版のようなもの?)などを持ってきた。あと、とろけるスライスチーズも2パック持ってきた。いやまてと、冷蔵庫に同じものが余っているのを知っている。そして僕はチーズが嫌いだ。その嫌いなチーズが2パックと少し、そしてもう一つ嫌いなもちが0.5kgくらい、全部食べきれるだろうか、いや、無理だと思う。この2つを残して帰られでもしたら、もちチーズとして消化しなければならないのは確実だ。もちチーズなんて最高に嫌いな食べ物だ。困る。何かの嫌がらせだろうか。

父が自転車を使いたいらしいのだが、僕の自転車がどれだからわからないらしい。じゃぁ駐輪場に行って僕の自転車を教えるよ、という話になったのだが、一つ困ったことに父はすでにお気に入りの白い肌着とトランクス姿になっていた。その格好じゃ外にいけないよ、と僕が指摘すると、父は何か着るものを探し始めた。寝るときに寒いからとトレーナーを持ってきているのは知っていたが、下に穿くものがあるとは知らなかった。そしたら、あるのだ。父は下に穿くスウェットを持ってきていた。あるんなら普段から穿いておけよ、と心の中で突っ込んだが、父がそれを穿いたとき、僕はさらに驚いた。シャツがINなのだ。白い肌着をスウェットの中にINして、しかも、スウェットをおなかを隠すようにして上まで上げた。

そんな風になってしまった父はもう白い肌着とトランクス姿のときよりも余計に恥ずかしく思えたが、駐輪場までなら誰にも会わないだろうと諦めて、外に出た。幸い、誰にも会わなかったから良かった。

その後しばらくして父は寝た。今週は試験があるらしいからがんばりましょう。 ( 2007/10/22 23:00:00 )




△いちらんへ

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.