このサイトについて

自宅でできる? ものすごいクオリティの二郎風ラーメンを作ってみた

2016/04/30
井口エリ
ネタ元:
製麺機を使った麺作りが趣味だというライターの玉置豊さん。値段は安くて量が多いという抜群のコスパを誇る二郎のラーメンをわざわざ自宅で再現するという、麺好きの中でも特にニッチなマニアの方から二郎っぽいラーメンの作り方を教えていただきます。
写真
二郎風ラーメン(通称家二郎)の作り方を教えてくれるのは、玉置さんが一緒に「趣味の製麺」という同人誌を作っている、家庭用製麺機仲間のマダラさん。
写真
二郎の味を再現するために指定された材料は豚の大腿骨や背骨、腕肉に背脂など。ラーメン業界ではわりと一般的な材料のようで、玉置さんが大きめの肉屋で聞いてみたところあっさりと全部の材料が揃いました。
写真
まずは寸胴鍋に豚の大腿骨(拳骨)、背骨(背ガラ)を入れて、水から茹でます。大きな寸胴を用意したようですが、元気に背骨がはみ出ています。
写真
丁寧に洗った骨、雑に切ったニンニク、そして新たな水を寸胴に入れて火に掛け、ある程度までアクをとったら、タコ糸で縛った豚塊肉(バラ肉と腕肉)、そして大量の背脂を入れます。
写真
タレを作ります。二郎で使われているのはほぼ純粋なグルタミン酸の結晶であるグルエースだと言われているということで、大量投入しています。
写真
今回のレシピで一番の難易度を誇るのは麺作りの工程。あの二郎っぽい麺を作るためには、小麦粉に対して加える水の量を極力少なくした、ガチガチの生地を使わなければならないそうです。
写真
仕上がりの1時間前を目安に、わずかな野菜と追いニンニクを入れます。このわずかな野菜がスープにどう影響するのか気になりますね。
写真
大変な工程を経て、ようやく風の噂と食べた経験から生み出された二郎インスパイア系ならぬ、「二郎原理主義系マダララーメン」が完成しました。
写真
気になるそのお味は「当然お店で食べるものとは違うのだろうけれど、それでも十二分においしく、感動すら覚える一杯であった。」とコメントしています。
玉置さんによると自作のラーメンほど、不経済かつ面倒くさい食べ物はそうそうないということです。気になったらお腹を空かせてラーメン二郎三田本店へ行ってみてはいかがでしょう。
ネタ元: