このサイトについて

夏までに驚くほど二の腕が引きしまる!持ちやすくて重さも丁度いい!二の腕引き締めトレーニングに最適な調理器具3選

2016/04/01
写真
たるんだ二の腕を引き締めるのにはダイエットで脂肪を減らすことも大切ですが、ダンベルなどのウエイトを使った筋力トレーニングが短期間で大きな効果を出します。二の腕を出す夏までに家にある手軽な道具で二の腕をシェイプアップしましょう!
写真
二の腕は主に二つの筋肉で出来ています。内側の上腕二頭筋と外側の上腕三頭筋。二の腕のたるみを解消するには、普段あまり使わない外側の上腕三頭筋を鍛えるとより効果的です。
写真
ダンベルを使った上腕三頭筋のトレーニング方法として代表的な物がフレンチプレスです。ダンベルに手をかけて頭上に真っ直ぐ上げ、そのまま後ろにダンベルを下げて再び元の位置に戻します。肘をなるべく動かさず、上腕三頭筋を意識してしっかり確実に上下させます。
写真
もう一つのトレーニング方法がトライセップス・キックバック。台に片手と片膝をつけて背中を床に水平に保ち、肘を90度に曲げてダンベルを真下に下げます。そこから弧を描くようにダンベルを水平になるまで引き上げてから下します。

これらのトレーニングを10回3セット程度行います。
写真
三頭筋に効く筋力トレーニングは分かったけれど家にはダンベルが無い!そんな人は家庭にある調理道具がトレーニングに最適です。例えばこちらのフィスラー社のフライパン。高品質のステンレスをカプセル状に包み込んだ厚底三層構造。ムラなく、効率よく熱が伝わり、すぐれた保温性があります。人間工学に基づいたハンドルは握りやすく手に馴染みます。
写真
こちらのフライパンの重さは約1.5kg。程よい負荷として最適な重さです。
写真
筋力トレーニングに最適な調理器具をもう一つ。ルクルーゼのマルチファンクション。フタがフライパンとしても使えるホーロー加工されたこちらの鋳物の鍋。焦げにくく、熱が逃げにくい調理に便利な鍋ですが、筋力トレーニングにも最適です。フタを合わせた重量は3.5kg。
写真
更にもう一つ。ロッジのグリルパン。鋳鉄が熱をゆっくり伝え、底の溝で綺麗な焼き目を付けるとともに余分な油を落とします。こちらはフタを合わせた重量が堂々の4.6kg!より高いトレーニング効果を求める上級者に最適です。
写真
実際に調理器具で筋力トレーニングをしてみます。まずはフレンチプレス。しっかり握れて持ちやすい。
写真
三頭筋をしっかり意識して鍋を上下させます。
写真
続いてトライセップス・キックバック。
写真
鍋なのでしっかり持てて振りやすく、三頭筋にしっかり効きます。


皆さんも夏までに調理器具の筋力トレーニングで二の腕を引き締めましょう!