デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ



コラボ企画
WARMBIZ
 
いちばん体が温まる鍋はどれだ

とろみ鍋        
食べている最中 食べ終わった直後 10分後 20分後 30分後
額 30.8℃ 額 30.8℃ 額 30.7℃ 額 30.6℃ 額 30.3℃

今回、いちばん温まる鍋だったとろみ鍋。確かにとろみがついているラーメンはいつまでも冷めない。被験者もいつまでも冷えてない。
30分後と20分後のサーモ画像がほぼ同じである。間違えて同じものを貼ってしまったかと思うほどだ。


寄せ鍋        
食べている最中 食べ終わった直後 10分後 20分後 30分後
額 30.4℃ 額 30.6℃ 額 29.5℃ 額 28.8℃ 額 27.9℃

ノーマルな寄せ鍋。食後に顔も腹もきれいに冷えている。
寄せ鍋は5人のなかでいちばん派手に震えていた。彼はフルマラソンを走り、体脂肪率が10%以下である。体脂肪率が低いと寒がりになるという話を聞いたことがあるが、そのせいもあるかもしれない。


豆乳しょうが鍋        
食べている最中 食べ終わった直後 10分後 20分後 30分後
額 31.5℃ 額 31.1℃ 額 30.4℃ 額 30.3℃ 額 29.9℃

意外に健闘した豆乳しょうが鍋。しょうがの力なのか顔の温度をキープしている。そしてそれよりこの鍋の大きな特徴は
「うまい」
ということである。実験後に他の被験者に残り汁を振る舞っていた。豆乳にショウガは合いますね。

 

最後に氷水を飲んでもらった

喉も渇いていると思うので水(氷入り)をどうぞ

まったく水分をとってなかったので最後に水を飲んでもらった。腹に冷たい水が入ってゆくのがサーモグラフィ画像で見えるかと思ったがさすがに胃袋のなかまではわからなかった。

ただ、指は真っ青になっていた。

豆乳鍋。指先でいちばん冷たいところは13.7℃である。
寄せ鍋。指先が背景の壁と同じ温度のため半透明みたいになっている。

そのなかでもとろみ汁はくっきりと指をサーモグラフィカメラにうつし出していた。

指先18℃。だんだんありがたい人に見えてきた。

からだが温まるのはとろみ鍋である

結論が出た。「とろみ鍋は体が温まる」、次点は「豆乳しょうが鍋は体が温まる」だ。
そして気づいたのは体がいつまでも温まっていると堂々としてかっこいいということだ。頼りがいがある。皆が震えているのに動じない雰囲気。環境にやさしく、なおかつモテる。

実験終了後。震えるカレー鍋と対照的なとろみ鍋。

原始的なモテの姿を見た実験であった。とろみでモテモテ!
いまさらですが、体の温まりかたには個人差があるのでこの実験の通りになるとは限りません!


投稿募集「この料理を食べたら温まって仕方ない!」
とろみ鍋のほかにもまだ見ぬ温まる料理があるはず。おすすめの料理があったら気軽にツイートしてください。




<もどる ▽この記事のトップへ
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.