デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


土曜ワイド工場
 
月島名物レバーフライ食べ歩き

佃煮に絶句する

ところで、次のレバーフライ屋が開店するまですこし時間があるので、佃を散歩しながら月島に向かうことにした。


微妙な距離感

佃の住吉神社でお参りしつつ町を散策。(佃及び住吉神社については工藤さんの記事をどうぞ)

佃は、佃煮の発祥の地と言われるだけあって老舗の佃煮屋がいくつかある。佃煮屋さんの古い佇まいに思わず惹かれ、ふらふらと吸い寄せられるようについ入ってしまう。


老舗を絵に描いたような老舗

値札をみて絶句するひとたち

で、ふらっと入ってみたものの、そこそこいい値段(タラコの佃煮・百グラム1200円、ウナギの佃煮・百グラム1800円など)の佃煮に三人とも色を失ってしまう。「タ、タラコの佃煮うまそう……」とか「ウ、ウナギの佃煮なんてのもあるんだ……」と、感心する素振りを見せつつ、何も買わずに店から出るタイミングをうかがっていると、お店のおばちゃんが気を効かせて貝ヒモの佃煮を試食させてくれた。


へへー、ありがてぇでやんす!

レバーフライ縛りとか言った割にはこういう試食には弱い。あぁ、貝ヒモの佃煮美味い。今度は佃煮食べ歩きするのでおばちゃん許してください。


ご飯が欲しい味

店のおばちゃんに「この辺のレバーフライを食べ歩きしてるんですよ」と話したところ、「ひさご家さんですか?」と聞き返された。ひさご家阿部の知名度恐るべし。

 

二軒目「デリカショップ マミィ」

そうこうしているうちに二軒目の店の開店時間がきた。


持ち帰りのレバーフライを買うひとが絶えない

二軒目は、月島一丁目の「デリカショップ マミィ」だ。この店は通称「もんじゃストリート」と呼ばれている賑やかな西仲通りから一本横に入った静かな住宅街にある。マミィはレバーフライだけではなく、フライドポテトやエビフライなどの揚げ物も美味い。が、今回はレバーフライ食べ歩きなので、レバーフライ(120円)だけを注文。


と思ったけど、尾張さんが辛抱できずにうっかりエビフライを注文。エビフライももちろん美味い!
今のところ、鼻の頭は痒くないです。

尾張さんも古賀さんもコーラを購入し、来るレバーフライに対し準備は万全。そして待つこと数分。


ドーン 

とったどー 

レバーフライは揚げたてが一番美味い。さっそくかぶりつく。


うめー 

最初に食べたひさご家阿部のレバーフライと比べると、マミィのレバーフライはレバーに厚みがあり、ボリュームがある。その分、レバー臭さや独特の歯ざわりも若干強めなのだが、衣とソースで絶妙にカバーしている。


コーラの美味さを再確認

「レバーがお肉っぽくてレバーの嫌いな歯ごたえが気にならない。食べてると段々レバーの味がしてくるけどおいしい」「コーラうまい! 相乗効果でコーラがうまい」と、コーラの美味さを再確認していた尾張さんだが、レバーフライの方も満足して頂いたようだ。やはり揚げ物とコーラってものすごく合うんだなあ。


こんな写真しかなかったです。すみません 

「これはけっこうレバー感ありますけど、わたしはこっちのほうが好み」「さっきのはおやつだけど、これはご飯のおかずになりますね」と、かなり気に入っていた古賀さん。レバー好きの諢名は伊達じゃない。ぼく紹介しただけなのに、なんだかちょっと嬉しい。

以上2軒のレバーフライ屋を紹介したが、これで終わりではない。月島にはまだまだレバーフライの店があるのだ。今までは豚レバーを使ったレバーフライを紹介したけれど、次からは牛レバーを使ったさらにディープなレバーフライを食べ歩く予定だ。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.