デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


フェティッシュの火曜日
 
歩行者天国はどのくらい天国か?

ふだん歩けないところを歩く天国感

さて続いて来た歩行者天国は、歩行者天国という名称が最初に使われたという元祖ホコテン、「銀座」。年齢高めのイメージに加えて、実際あまり「銀座にしかない欲しいもの」というのが少ないのもあって、行くのはせいぜい年に1,2回。歩行者天国はおそらくはじめて来たんじゃなかろうか。しかし、さっきの戸越銀座に比べると道が広い分解放感あるなあ。


かつての東京一の盛り場。今も買い物には便利。

ところどころにパラソルと椅子が設置されてます。

銀座の歩行者天国も1キロ近くあり、中心部は人も多いけれど、端っこはオープンテラスみたいな椅子机があり人もそれほどいない。下の写真なんかスカイラインが揃ってるのもあり、どこかSFっぽいような。

そんな現実感のなさは普段自分が行かない店ばっかりだから、だろうなあ。ティファニーだのプラダだの高級店がずらりと並ぶ通りだもの。残念ながらコロッケ屋は見あたらない。買い食いムードはなし。


百貨店も老舗がどーん。
アップルストアもどーん。

そしてさっきの戸越銀座の歩行者天国と違うのは、こうした注意書きが随所にあること。

ところどころにこうした警告看板が。

人寄せ行為、ってパフォーマンスとか?。

「人寄せ」って「口寄せ」(イタコが霊を呼んだりするやつ)みたいでどこか怪しいですね。これだけ広いといろいろ騒ぐやつが増えるってことでしょうか‥。昔は大道芸人とかいたような覚えがあるけどなあ。原宿だったらバンドが有名だったし。

「楽しい、アミューズメント的異空間」というのでもなく、「普段歩けない場所が歩ける」という意味での異空間ぽさがある銀座のホコテン。そんな中にも他に比べて多く見るな‥というある傾向を感じた。それは‥。


犬4匹連れのファミリーやら
おすわり状態で休む犬。

犬の散歩する家族をよく見かけるんですよ。
ホコテンムードに犬も踊る

広々としてるからか、犬を連れてる人を多く見かけるのだな。それもちょっと高級そうな‥。これだけ広々としてたら、これはもうお犬様天国だなあ。しかしここまでどうやって連れてきたんだろ?車?だったらセレブリティすぎるなあ。

自転車NG、犬OK。

銀座地区 歩行者天国

(土・日・休)

4月〜9月 12時〜18時
10月〜3月 12時〜17時


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.