デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


フェティッシュの火曜日
 
14年で東京のトイレは変わったのか

目黒でも手すりに注目していた

1996年の僕は神田駅に続いて目黒でも手すりについて言及している。

目黒 1996年の記述(抜粋)


汚いっつうか散らかっているトイレです。コンビニの袋や新聞やビニールが散乱しています。

山手線西側の駅に多い流線形の便器です。(ちなみに東側はステンレスの便器が多い)

壁に描いてあった落書便器から離れている手すりパイプ。
これにつかまって用を足すと、便器の前にうんこをこぼしてしまう作為的な手すり。

総合評価 ★★
清潔さ ★★
広さ ★★
混雑度 ★★★
なし

手すりが遠すぎだろうと指摘している。


2010年 手すりがなくなっていた

便器から遠すぎた手すりはなくなっていた。かつて手すりがあった場所に残された穴だけが残されていた。

新しい手すりがついていた
かつて手すりがあったことを表す穴

14年前の痕跡を見つけて興奮した。

遺跡の発掘で柱があったと思われる穴を見つけたときのうれしさはこんなだろうか。これまでまったく分からなかったのだが今なら共感できる。うれしい。穴でもうれしいぞ。

しかし新しい手すりの位置を見て思うのはあれは排便時につかまる手すりじゃなくて、しゃがんだり立ったりするための手すりだったのではないか、ということである。

僕のように勘違いしてこぼす人続出で撤去されたのかもしれない。おれのせいか。

< 恵比寿 △いちらんへ まとめ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.