デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ



コラボ企画
 
:めんつゆフォンデュでお花見に行こう

油物とめんつゆは、鉄板の組み合わせ

用意した食材は全て揚げ物。スーパーのお惣菜コーナーで買ってきた。


ケンカにならないように、すべて6等分。

海老天からいきます!

海老天、キス天、ちくわの磯辺揚げの天ぷら3品。
イカフライ、アジフライ、メンチカツ、ハムカツとフライ4品。そして欠かせない、揚げ物の王者、鳥唐揚げ。

はやる気持ちをおさえつつ、まずは海老天を竹串に刺す。
とろとろと、よい加減に煮立つめんつゆフォンデュ。
遠慮なくもってりと載せて食べてみると……

 

とぷん!
この表情は!

うまい!

いや、はじめからうまいと分かっている組み合わせをやっているので、予定調和なのだが、やっぱりおいしい。

めんつゆのダシが衣の油へ溶け出し、それが全力で海老の甘味を押し上げる感じだ。めんつゆと揚げ物、間違いのない組み合わせである。

このあと揚げ物の誘惑に抗うことができず、みんな次々とフォンデュに揚げ物を突っ込んでいった。

串は2本使うと、揚げ物が回転しません。

古賀さんのおすすめはメンチカツ。 「ひき肉の細かいところにフォンデュがしみこむ感じ」

鳥唐はいつでも、外すことのないうまさ。 僕のおすすめはハムカツ。ハムのキッチュな味と相性◎

アジとかキスは、身にフォンデュがよくからむと好評。 このためだけに来てくれた地主くんにも申し訳が立つ。

めんつゆフォンデュ、みんなでとろとろのつゆに揚げ物を突っ込む感じが、「二度付け厳禁」の串カツの店みたいで面白く、ついついやりたくなる。

そして、とろとろとしたジューシィなルックスが、また食欲をそそる。浸けている時間で、衣への浸み込み具合が調節でき、「ライブあんかけ」のような感じになって、また楽しい。


古賀さんのリアクションには誰もかなわない。

一番おいしかったのは、間違いなく海老天。 これは全員の意見が一致するところだった。その次はといえば、僕的にはアジフライ、そしてハムカツが次点に食い込む感じだった。

みんな大好きのちくわ天は、冷蔵庫に入れている間に12時が過ぎて魔法が解け、普通のちくわに戻ってしまった感があった。今回の残念賞としたい。


このために生まれてきたのか、と思うくらいかなわない。


ふつうのピザ用チーズとかでもOK。

めんつゆフォンデュ・パート2に移行

さて、ここからはめんつゆフォンデュ・パート2に挑戦してみたい。パート2はチーズと合わせて作る。

もともと、チーズは40%ぐらいが脂肪分なので、それ自体がものすごい油物である。ならば、普通のチーズフォンデュにめんつゆを入れてみたらどうだろう。僕の仮説が正しければ、確実においしくなるはずだ。

というわけで、スーパーで売っているチーズフォンデュセットに、めんつゆを加えて、第二段階のめんつゆフォンデュとしてみた。
これに、つけつゆよりちょっと薄めのめんつゆを、
半カップほど加えます。

焦げないように混ぜながら煮込む。

結果から言うと、パート1に負けないくらいおいしかったのだが、その詳細は次のページで紹介しようと思います。

< もどる つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.