デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


土曜ワイド工場
 
メガネが曇らないマスクはこれだ!

「高い=良い」は成り立つのか

ヘッドフォンのパッケージみたいなたいそうな箱にマスクが1枚だけ入っているという驚きの商品、その名も「超立体」。立体を超えた、という意味だろうか。今回最も単価の高かったマスクだ。1枚で贅沢なランチくらいの値段する。


丸みを帯びたそのシェイプは確かに超立体。

しかし高いだけある、さすがに曇らない。

まず驚くべくはそのままでは付け方すらわからないことだ。そんなマスク、これまでなかった。ゴムひもが耳にかけるタイプではなく輪になった部分に頭を通すタイプなのだ。いうなればかぶるマスク。

つけたそのままではフィット感がないが、ノーズフィット部を曲げながら自分の鼻の形に合わせることができる。するとオーダーメイドのようなぴったり感が手に入るのだ。呼吸した空気はどこへ逃げているのかわからないほど曇らない。ハードカップタイプなので口が自由になってしゃべりやすいという利点もある。

値段が高い意外に欠点が見つからないこのマスク、果たして氷点下ではどうだ。


よっしゃ!曇った。

さすが氷点下、値段が高いとかハードカップとか、そんなチャラチャラした話を一蹴する勢いで曇る。このマスクが曇るのならば、もうどんなマスクでも曇らせる自信が沸いた。

総合評価

室温でのメガネの曇り易さ ★(満点は星5つ)
氷点下でのメガネの曇りやすさ ★★★


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.